ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

初出は『真・女神転生Ⅴ』。種族は「鬼女」。


モチーフになったのは、フィリピンのシキホル島で伝承される吸血鬼アスワングの一種。日中は良き隣人であるが、夜になると上半身が分離して蝙蝠の翼を生やして飛び回る魔女。

人を襲って血を吸うだけでは無く、細長い舌を使って妊婦の胎内から胎児を啜って食べてしまうという恐ろしい存在である。


真・女神転生シリーズ』でフィリピンの悪魔が登場するのはマナナンガルが初。


デザイン編集

幾何学的な模様のコウモリの翼の生えた上半身と、下半身がちぎれて紫色の蟲のようなものがはみ出しているという姿で、長い舌を持つ顔の半分や手足の一部は、旧作から登場するヴィーヴルのように緑色の鱗に覆われている。


顔や手足が緑の鱗なのは、近年都市伝説UMAとして語られるアスワングやマナナンガルが、トカゲのような顔であるという目撃情報からであると考えられる。


金子一馬氏がデザインを担当していたときには、近隣で伝承されているやはり内臓を垂らしているという東南アジアの魔女ポンティアナは、グロテスクになってしまうことからイラストコラムで描かれただけで未登場であった。


しかし今作のデザイン担当で女悪魔に定評がある土居政之氏は、内臓成分を蟲などのクリーチャー的な表現とすることで、セクシーかつ恐ろしい女悪魔として描いて登場させることになった。

公式Twitterで公開されたコラムによると、デザインコンセプトは「エロチシズムとグロテスクの共存」。


関連動画編集


関連タグ編集

真・女神転生シリーズ 鬼女(女神転生) 仲魔 マナナンガル

土居政之

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 254619

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました