ピクシブ百科事典

麒麟児

きりんじ

曖昧さ回避のページ。本記事では原義についても解説する。

概要

原義は「才能が秀でていて、将来の活躍が期待される少年」という意味の語。同義語に神童など。
古代中国では聖人の治世によって国が安定すると麒麟が現れるという伝説があり、物心が付いた頃から天才的な技能や芸事を披露する少年を「麒麟の子」として持てはやしたことに由来する。

曖昧さ回避

関連記事

親記事

pixpediaで分割された項目 ぴくぺでぃあでぶんかつされたこうもく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「麒麟児」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 484

コメント