ピクシブ百科事典

黄金の絆

よんおくえんのきずな

黄金の絆とはジャレコから発売されたWii用アクションロールプレイングゲーム三年の月日と四億円をかけたゲームである
目次[非表示]

四億円の作品解説


「絆」をテーマにした3DアクションRPG。

一度に最大数十匹クラスの大量の敵を殲滅する、いわゆる無双系の要素が含まれており、主人公より遙かに巨大なボスと戦うシーンもある。
「ペンシルシェーディング」と呼ばれる柔らかタッチの描画も特徴。


四億円の評価

四億円のクソゲーである
3年の開発期間・4億円の開発費という大掛りとは裏腹に、そのコストや情熱も感じられない問題だらけの作品となってしまった。 ロード時間の長さ、演出、アクションなどのクオリティの低さなどはファミ通のクロスレビューでさえ指摘されている事項である。経験値の概念や武器の強化といった要素がなく、敵を倒す必要がないというアクションRPGとして致命的なミスがある。
単調ではあるが、バランス崩壊するほどの敵が存在するため悪い意味で気が抜けないゲームバランスも擁護のしようがない。
メーカーの広報についても問題点が多く、ゲームと直接の関係性はないにせよ、プレイヤーの度肝を抜いたことは間違いない。
一応評価できる要素もなくはないが、山積みの問題点からすれば小粒なのは否めないだろう。
こうしたゲーム内外から多数の問題点を見せつけた結果、2009年のKOTYではSSαにクソ度を肉薄させ、見事に次点入りを果たすのであった。

四億円の余談

四億円の予算をかけてるからか四億円のネタが満載である
・四億円の穴
建物内部を映すために無理やり開けられた大きな穴
・四億円の叫び
魔王の息子サディアスが攻撃のコンボフィニッシュで吹き飛ばされるたびに放つ「ゔぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ん゙!」という奇声じみた情けない叫び
・四億円パンチ
ガストンが横向きの棒立ち状態でパンチする。これはパンチなのか?

テキストでは「相手に掴みかかる」「突如斬り掛かる」などの緊迫したアクションが行われているのに、3Dグラフィックでは棒立ちだったり、「横にスライド移動して戻る」だけだったりするもの

シュールすぎるCM
名古屋城の金の鯱のみを延々と映す「黄金のシャチホコ編」
客が他にも乗っている路線バスの中で全身が金色の男女が奇声を上げつつ服を脱いで抱き合いキスをする「黄金の人 発見編」
はっきり言ってやる気が感じられずなおかつ気持ち悪い
メーカー公認のクソゲー

ジャレコ社長の加藤貴康がインタビューにて「まあ、クソゲーですよね。あれをクソゲーと言わずして、何をクソゲーと言うのかってことです」と語り、自ら「クソゲー」であると認める発言をしている。こんなゴミゲームを作らなかったらジャレコは生きていたかもしれないと思うと残念でならない

四億円の関連タグ

ジャレコ クソゲー

関連記事

親記事

ジャレコ じゃれこ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「黄金の絆」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9895

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました