ピクシブ百科事典

黒鉄厳

くろがねいつき

黒鉄厳とは、落第騎士の英雄譚の登場人物である。

何も出来ないお前は、何もするな

大きな人間になったな
cv.速水奨

概要

一輝達の父で、国際魔導騎士連盟日本支部長。
性格は傲慢そのもので、生まれ持った魔力量が極端に低かった一輝を黒鉄家の保身のためになかったものにしている。一輝が長年の努力で並外れた身体能力とコピー技術を得て伐刀者としての未来が開けたにも関わらず破軍学園での授業を魔力の低い一輝に受けさせないようなシステムを利用し留年させている。
新理事長・新宮寺黒乃による大改革で一輝の能力が認められ卒業の兆しが見えたが、それでも妨害工作を続けており、その所業から黒鉄珠雫との仲は最悪で、珠雫は厳の呼び出しに対して全て拒絶の意志を示しており、母名義で呼び出さなければならないほどである。

この先ネタバレ注意!

















腰巾着の赤座守達とともに一輝とステラとのでっちあげの不純異性交遊で一輝を査問会議にかけ、自分たちのでっちあげを強制的に認めさせるために一輝に異常な拷問をかけ続け瀕死の重傷を負わせている。
さらにはこの査問会議の最中に一輝に上記のセリフを言い放ち、絶望させている。
最終話では対戦カードを操作して瀕死の一輝を破軍学園最強の伐刀者である東堂刀華にぶつけた上、辛勝した一輝を赤座に殺させようとしたりと虐待親父の域すら超えた行動を続けている。
が、一輝とステラにより計画は破綻し、赤座の失脚、一輝の七星剣舞祭出場、刀華が七星剣舞祭に出場できなくなる、そしてステラの父であるヴァーミリオン国王を激怒させるという結果に終わっている。
一方で親としての情も持ってはいる。
が、幼少期から規律を守ることのみを叩き込まれた人格から、徹底して公人としての自分を優先しているためにそれが表に出ることは無い。

その為、世間体を理由に家出した一輝に中学生になるまで金銭的な援助をしたり、一輝に対する自身と黒鉄の干渉を断ち切るために絶縁を持ちかける等、公人と親としての折り合いをつけられるなら一輝に利する行動もとるが、自分のやってきた事が親としても人としても許されない行いだという自覚は持っており、一輝に絶縁を断られた際には「お前はそれで(自分が親で)いいのか」と問いかけるが、今までの仕打ちをたかが進路で対立する親子喧嘩と切って捨てた一輝に対し、上から二番目の台詞をかけた。

関連タグ

落第騎士の英雄譚 黒鉄一輝 ステラ・ヴァーミリオン 黒鉄珠雫

コメント