ピクシブ百科事典

ニネンブゥリデスカ

にねんぶぅりですか

2年ぶりに何かをする時にイタリア系アメリカ人と日本人のハーフが放つセリフである
目次[非表示]

概要

それは2016年6月11日に公開されたテレビアニメラブライブ!サンシャイン!!1期のPVで起きた。
番宣PVが始まって58秒辺り、小原鞠莉が突如として発した「ニネンブゥリデスカ」というセリフ。
強烈な欧米人風の訛りが効いたそのセリフは、多くの者に小さな衝撃を与えた。

そしてアニメの放送が始まると・・・
1話冒頭、松浦果南の「小原家でしょ。」という意味深長なセリフの直後がこのシーンとなったのだが、
鞠莉が歌ってるんじゃないかとまで言われた(by Aqoursニコ生2016/7/8回)珍妙なBGMを背景に、このセリフを言った”だけ”でヘリで去る鞠莉の姿がそこにあり、彼女の活躍はこのわずか1シーンだけだったにも関わらず視聴者の話題を攫うには十分であった。

何が2年ぶりなのか

次の2話ではまったく登場しなかったが、3話で鞠莉は突如浦の星女学院理事長として君臨した。
そして、生徒会長である黒澤ダイヤの発言から「1年の頃に突如姿を眩まし、ずっと行方不明だった」事が判明する。

要するに2年とは、鞠莉が沼津内浦および浦の星にいなかった空白の期間を指す。
そのため空白の期間に入学した2年生の高海千歌渡辺曜はこれが初めての顔合わせとなった。

2年ぶりに鞠莉が戻ってきた目的はどこで聞いたか千歌が浦の星でスクールアイドルを結成するという情報を入手しそのサポートをするために見えたが、真の理由は近年入学生徒数が激減し同市内の高校との統廃合の話が持ち上がっていた浦の星の廃校をスクールアイドルによる活性化で阻止するためであった。
前作高校と同じ流れとなった。

何故2年も内浦を離れていたのかは8話が終わるまで徐々に明かされていき、9話で全て語られた。
描写から考察する限り2年ぶりと言いつつ正確には1年半前後ぶりである事も判明。

再登場

上のニネンブゥリデスカからかなり間が空いたが、
2期2話で「ニネンブゥリデスネ!」となって再登場(あのオゥォウBGMも引っ提げて)。
鞠莉が自作した曲をAqoursの1年生と3年生に聴いてもらう流れでのセリフとなったが、かつて作曲担当だった鞠莉が誰かに曲を聴いてもらう感覚が2年ぶりとの事。
もう1期1話の時のような憂いは一切無い明るい声色であった。

2期3話で「ヒサシブゥリデスネ!」も登場。ただしこれだけは千歌の妄想である。千歌が小原家のヘリを移動用に使う案を出した時のものなので、千歌がパイロットになっていた。鞠莉は左席。

余談

アニメ1期オフィシャルBOOKによると、初アフレコ時は至って普通の「2年ぶりですか。」だったそうだが、音響監督やスタッフ達と担当声優の話し合いの結果こうなった。

関連タグ

ラブライブ!サンシャイン!! 小原鞠莉 セリフ
オゥ…オゥ…オゥ…オゥ…オゥ…オーゥ・・・この曲のサントラでの正式曲名が「ニネンブゥリデスカ」。全角であるが。

pixivに投稿された作品 pixivで「ニネンブゥリデスカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4837

コメント