ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

AEIOU

あえいおう

AEIOUとはイタリアのL&Hフィルム社により制作された砂アニメである。 1970年代よりNHK総合、NHK教育で放送され子供たちにトラウマを植え付けていった作品である。
目次 [非表示]

ア~↓ア~↑アッ! エッ!エッ!エッ!イッ!イッ!イッ!オッ!オッ!オッ!アッ!アッ!アッ!エッ!エッ!エッ!ウッ!ウッ!ウッ! アエイオウ!!


概要編集

上記のようなフレーズが流れるアニメを知っているだろうか?これこそ日本全土の子供達にトラウマを植え付けた伝説の砂アニメ「AEIOU」である。


イタリアにて制作された本作は、日本でもまず1970年代にNHK総合の『おかあさんといっしょ』内で放送され、その後1990年代にはNHK教育(現Eテレ)の『プチプチアニメ』で再放送された。


内容は「5人の子供達のうち1人が冒険に出向く。そして敵や騒動などに遭遇し、5人全員で魔法のバイオリンを演奏して解決する」といったものが多い。


なぜトラウマなのか編集

砂アニメは日本人にはなじみの薄いアニメーションであった。

それに加え動きも妙に気味悪かったのである。

また、本作には日本語吹替どころか原語版の時点で台詞らしい台詞が無く、息遣いや唸り声、うめき声などで登場人物の感情を表現している。

主な視聴者である児童はひたすら平面的に動く砂の世界に加え、何故かマトモな言葉を発しないキャラクター達のやりとりを見る羽目になったのである。不気味に感じるのも頷ける。


一応、制作側に「子供達にトラウマを植え付けよう」などという意図はないと思われるが、本編のストーリー自体にも極めてブラックな展開が多い


例として第一話は「お城に侵入した子供が触るものが全て金になってしまう呪いをかけられた王様に遭遇。嘆き悲しむ彼を助ける為、金になった食べ物を魔法のバイオリンで元に戻し王様に食べさせる。しかし、欲に駆られた王様は思い通りにならない子供に怒り始め、やがて彼を金に変えようと襲ってくる。慌てて仲間たちの下に舞い戻った子供は5人全員で魔法のバイオリンを演奏。それを聞いた王様の身体は金に覆われていき、黄金像と成り果てて沈黙したというもの。これを「ハッピーエンド」扱いにしているのである。そりゃトラウマだろう。


本作にはこの他にも「主人公を執念深く追い回す悪役が出現。それをコミカルかつ残酷な手段で撃退(実質的に殺害)する」といったエピソードが多い。


懐かしさに浸りたい人向け編集


関連タグ編集

おかあさんといっしょプチプチアニメ:本作を放送した番組


NHK 海外アニメ 

関連記事

親記事

プチプチアニメ ぷちぷちあにめ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 160618

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました