ピクシブ百科事典

B・J(うえきの法則)

うえきのびーじぇい

福地翼の漫画『うえきの法則』の登場キャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:谷山紀章
岩永中学に通う2年生。「B・J」は自称で、本名は「馬場淳一」。
好きなものはヒップホップパンナコッタ
オープンスケベでお調子者だが、友達思いなところもある中学生。
「B・J」の自称から「DJ」に掛けているのかと思いきや、自称「ヒップホッパー」であり、電車に乗っていた時、「踊りの才」を入手していた植木耕助と気が合い親友になる。
原作では黒木影男の下り以降登場していないが、ドラマCDではレギュラー扱いとなっている。

人物

ある日、ネット上の掲示板で「片言の日本語を話す外国人能力者」と能力者バトルするため、約束のある場所で待ち合わせ向かい、電車に乗っていた植木と森あいに出くわす。その際、「踊りの才」で自身の効く音楽のリズムに乗って踊っていた植木と意気投合する。その直後別れて「外国人能力者」とバトルになり、自信満々を気取っていたその能力者に名前を聞かれ、その際に最強の能力者「ロベルト・ハイドン」を語り、それを聞いて逃げ出すところを狙って能力で気絶に追い込み勝利。それを前後して植木が転んだ拍子に能力を発動してしまい、植木が能力者だと知ると立て続けにバトルを始める。そこでまたロベルトの名を騙るも、当時植木はロベルトのことを知らなかった上に勉強の才を失っているため、理解できなかった。

アニメでは、嘘をつき続ける理由が詳細に描かれ、父の仕事の都合で学校を転々として友達ができず、嘘をつくことで周囲の気を引こうとした結果、だれにも信じられなくなってしまった。植木にも諭され、嘘をつくのを止めた。

植木とのバトル後は本物のロベルトに出くわし、そこで植木の名を騙ったために植木のことを知られた上に倒される。

ロベルトに倒されてしばらくした後、日常生活をある程度送れるほどまでに回復。植木にロベルト十団の脅威について伝えた後、自分も十団と対抗するための支えになるべく、名乗りをあげる。そして、十団の一人・黒影と植木との交戦時では恐怖を押し殺し、巨大影人形からの一撃から植木を助けるなど、手短ながら確かな活躍を見せた。

能力

  • 硬貨を風に変える能力

アニメでは「コインを風に変える能力」に言い換えられた。

関連タグ

うえきの法則 
植木耕助 森あい 
ロベルト・ハイドン 黒木影男 黒木照男 カムイ=ロッソ

関連記事

親記事

能力者(うえきの法則) のうりょくしゃ

兄弟記事

コメント