ピクシブ百科事典

B1037f_M-type

ぜんききさらぎのさいこうけっさく

B1037f M-typeとは、PS2ゲーム「アーマード・コア3 サイレントライン」に登場する生体兵器である。この項目では子機のB1037f C-typeも併記する。
目次[非表示]

表記に関する注意書き

 この記事のタイトルは本来は「B1037f M-type」ですが、タグとして使用出来ない為、当記事に移行します。

概要

 アーマード・コア3 サイレントラインに登場する生体兵器で、ミッション『生体兵器破壊』にて戦闘する。

 その外観は最早、既存の生物に当てはまらない代物で、強いて例えるならばバイオタンクとしか形容できない。

戦闘面

 キサラギが過去に製造した、2の生体兵器のデータを統合させた存在で、コアとボディ前面の複数の部位から放つ、威力の異なるプラズマキャノンと、ダメージを大幅に減衰させる表皮装甲を併せ持つ。
 又、周辺地域の気温を上昇させる、熱量攻撃を可能とする(恐らく、プラズマキャノンによる体内余熱を、放散させる際の副産物と思われる)。

 唯一の弱点は、「プラズマキャノンを発射する際に開かれるコア」で、この部位は極めて脆弱になっている。

 尚、生体兵器の例に漏れず、バイオセンサー生体表示機能と言った、専用機能を要求される。

B1037f C-type

 上記の大型個体が産み出した、小型の生体兵器。
 外観は大型個体と同じように、既存の生物に当てはめるのが難しく、強いて挙げれば『甲殻に包まれたミジンコ
 大型種が地を這うに対して、小型種は翅や翼が存在しないのに、空中を浮遊している(恐らくだが、大型個体にあるプラズマ発生器官が、小型個体にもあって、それをイオノクラフトに転用していると推測)。
 攻撃手段はラインビームとなっている。

余談

 劇中では「生体兵器」と表示されているが、一部攻略本では「生物兵器」と誤記載されている。

関連タグ

AC3SL
キサラギ(アーマード・コア) 生体兵器
センチュリオン・バグ デストロイヤ・フリー 過去シリーズの先達。
B7723c B988a_M-type 同じシリーズの先達。

関連記事

親記事

AC3SL あーまーどこあすりーさいれんとらいん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「B1037f_M-type」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17

コメント