ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

Mk12SPR

まーくじゅうに

「Mk12 SPR」とは主にアメリカ海軍と陸軍が使用するマークスマンライフル。
目次 [非表示]

概要

Mk12 SPRとは通常の狙撃銃よりコンパクトでM4カービンより射程の長い選抜射手用のライフルとして2000年に開発された。

海軍の命名法則である「Mk」と付いていることで勘違いされやすいが陸軍も使用する。

陸軍と海軍の特殊部隊の要望によりM4カービンの性能向上を目的としたSOPMODプロジェクトの一環として開発され、狙撃銃としての性能を維持しながらM16より短く、軽量なアッパーレシーバーとして開発がすすめられた。

銃身は18インチの1/7ピッチのヘビーバレルで、有効射程は600m程度が想定されている。

SPRは「Special Purpose Rifle」の略であり、日本語訳すると「特殊目的ライフル」となる。(当初はアッパーのみであったため、「Special Purpose Receiver」と呼ばれていた)

SOPMODプログラムの一部であった事から既存のロアフレームと組み合わせるなど、不明瞭な部分も多く、Mk18Mod0のようなM16A1ロアのモデルやM4A1ロアのモデルなど、様々なモデルが存在する。


Mod0はPRI社のGenIIIフリーフロートチューブを使用し、折り畳み式フロントサイト付きのガスブロック、ハンドガードとアッパーフレームを繋げるA.R.M.S.社のスワンスリーブを搭載している。

Mod1はナイツ社のM4マッチフリーフローティングレールアダプターシステムを使用している。ガスブロックはサイトのないMK12ロープロファイルガスブロック。

ModHとも呼ばれる仕様ではMod0と同じハンドガードにロープロファイルガスブロックを使用しており、Mod0より短いスワンスリーブで連結を行っている。銃身は16インチミッドレングスのNOVESKEステンレスマッチバレルへと変更されている。ModHはアメリカ陸軍の第5特殊部隊グループで支給されており、同グループのスナイパーチーフであるスティーブ・ホーランド曹長により突き詰められ、レシーライフルのコンセプトの一つとなっている。


マズルブレーキはOPS inc社のねじ込み式のサイレンサーに対応したものとなっており、固定用のカラーを銃身に取り付けられている。(なお、エアソフトガンでは殆どがマズルブレーキとカラーが一体となったアウターバレルとなっており、実銃でもこう言った長いハイダーが無いこともないため、勘違いされる事もある)

ガスブロックの位置は12インチのライフルレングスとなっている(ModHのみ9インチのミッドレングス)が、銃身の製造工程上ライフリングの凹凸の位置が同じとならない事から個体ごとに微妙に位置を変えており、銃身から導かれるガスが銃弾に悪影響を与えないようになっている。


専用弾薬としてMk262弾を使用している。

Mk262弾は競技用弾薬と同じ品質で製造されており、Mk262Mod1では弾頭重量77グレインのフルメタルジャケットとなっている。


海軍からの評価はあまり高くなく、射程の割に殺傷力が低いことが問題視され、現在ではほとんどがSCAR-HつまりMk17に置き換えられている。

また、Mk12にSEALsの求めたコンセプトと異なる点が見つかった事、AR-15市場の発展により、より優れたアイデアが生まれたなどからNSWC(海軍特殊作戦センター)主導によりRecceRifle(レシーライフル)が開発されている。


レッド・ウィング作戦をモデルにした映画「ローンサバイバー」で使用されたことで有名で

マーカス・ラトレルは固定ストックのモデルを、マシュー・アクセルソンはクレーンストックのモデルを使用していた。

(ちなみにプロップはM16A2のロアを使用している。)

民生品

例にもれずMk12をイメージした製品が登場しており、同じ部品、もしくは全く同じ見た目の部品を集めたコピーモデルから独自仕様、同じコンセプトで新たに登場した部品を用いたものまで様々なものがある。


DDMK12

ダニエルディフェンス社が民間用に開発した18インチのAR-15

軍採用のものとは違い「Mk」ではなく「MK」である。

12インチのフリーフローティングハンドガードが装着されている18インチのモデル。

名称こそ「MK12」でホームページでもSPRを意識したような発言がなされているが外見はどちらかというとレシーライフルに近い。

映画においては「イコライザー2」に登場するペドロ・パスカルデイブが演じるデイブ・ニューヨークが終盤の銃撃戦で狙撃銃として使用した。


MK12 Mod T

Thoroughbred Armament社が組んだ民間用18インチAR-15。

Mod TのTはThoroughbred社の頭文字。

Mk12のコンセプトを最新の民生部品で再現したもので、Geissele社のMk8 13インチ長のM-LOKレールにガスブロック、アッパーに加え、Douglasの18インチライフルレングスのステンレスバレル、Allen Engineering社のマズルブレーキとカラーを装着している。


関連タグ

マークスマンライフル M16

関連記事

親記事

M16 えむじゅうろく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5225

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました