ピクシブ百科事典

Voyage(シンデレラガールズ)

ぼやーじゅ

『アイドルマスターシンデレラガールズ』における新田美波の2つ目のソロ曲。
目次[非表示]

楽曲詳細

CD収録THE IDOLM@STER CINDELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 16 ∀NSWER
作詞朝倉路
作曲・編曲滝澤俊輔
新田美波(CV:洲崎綾)
ギター小堀浩
ドラム佐野康夫
ベースヤノアツシ
ストリングスCHICAストリングス
ホーン柳谷信
ピアノ滝澤俊輔


楽曲概要

アイドルマスターシンデレラガールズ』のリズムゲームアイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ』のCDシリーズ「STARLIGHT MASTER」の第16弾∀NSWERに同時収録された新田美波のソロ曲。美波のソロの持ち歌は「ヴィーナスシンドローム」以来2曲目。
CDは2018年4月18日発売。

美波の持つ「クールさ」を前面に押し出していた1曲目「ヴィーナスシンドローム」とは一転、美波の持つその優しさや包容力に焦点を当てた、穏やかで幻想的なバラード調の一曲。歌唱を担当した洲崎曰く「背中を押す感じの応援歌」。
曲名の「Voyage」は英語で「旅」(特に「航海」や「船旅」)の意味。「海」をモチーフにしたカードや衣装の多い美波の楽曲らしく、歌詞の中にも海を想起させるフレーズがいくつも散りばめられている。

  • この曲について日本コロムビアの音楽プロデューサーの柏谷は「ヴィーナスシンドローム」では美波の「美の女神」(=ヴィーナス)としての一面をフィーチャーしていたのに対し、「Voyage」では「心のよりどころとしての女神」という別の魅力を掘り下げて曲を作ろうと考えたと語っている(2018年5月9日 デレパ #185より)。
  • また、柏谷はこの「心のよりどころとしての女神」という概念をかなり大事にしていたようで、日本コロムビア公式ブログダ・ヴィンチニュースの7周年インタビュー記事など「Voyage」の話題が出る度にこのフレーズを引用している。

作編曲はシンデレラガールズではおなじみTRYTONELABOの滝澤俊輔が担当。滝澤曲の特徴であるピアノとストリングスを駆使した幻想的な曲調は本曲でも健在。
  • 滝澤によるとこの曲の制作はかなりの難産であったらしく、初めは1曲目と同じかっこいい系の路線で曲を作っていたところ幾度も全ボツを受けてしまい、柏谷と共にブラッシュアップを重ね今の曲調へ仕上がっていったとのこと。曲の制作自体は前年17年8月9日リリースの「マイ・スイート・ハネムーン」(滝澤が作詞・作編曲を担当)より先に行われていたというエピソードからもその苦労のほどが伺える(デレパ #185より)。
  • ちなみに本曲「Voyage」は滝澤の手掛けた記念すべき初のクール曲となっている。滝澤は以前に「キュートパッションの楽曲は作ったことがあるので、クールタイプの曲も作ってみたい」と語っており(5thライブSSA公演パンフレットより)かねてからの悲願を達成した形となった。
また作詞の朝倉路(-みち)は以前に「生存本能ヴァルキュリア」の作詞も担当しており、美波が「アインフェリア」でリーダーとセンターを務めていたことを意識した人選であると思われる。

LIVE

※特記のない限り、新田美波役洲崎綾が歌唱。

6th LIVE「MERRY-GO-ROUNDOME!!!

公演地(日)備考
メットライフドーム2日目


余談

洲崎は収録時に「目の前にいる具体的な誰かを勇気づけるように歌っている感じが欲しい」というディレクションを受け、元ニートの実弟を勇気づける感じで歌ったところあっさりOKが出たというエピソードがある(2018年3月26日 デレラジ☆(スター) #98より)。
弟を想った理由は「特定個人のプロデューサーのことを思うと不公平になっちゃう」と考えたからとのこと。

試聴動画



関連タグ

アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ
THE iDOLM@STERのオリジナル曲一覧 STARLIGHT MASTER

新田美波 洲崎綾
ヴィーナスシンドローム:ソロ1曲目。
∀NSWERインディヴィジュアルズ):収録CDの表題曲。
Dreaming of you川島瑞樹):同時収録曲。

関連記事

親記事

新田美波 にったみなみ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「Voyage(シンデレラガールズ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24

コメント