ピクシブ百科事典

シンデレラバンド

しんでれらばんど

「シンデレラガールズ 7thLIVE TOUR Glowing Rock! 大阪公演」で活躍した生バンドユニット。
目次[非表示]

概要

2019年10月8日「7thLIVE TOUR 開催記念ニコ生特番第2弾」の中で発表されたバンドユニット。

アイドルマスターシンデレラガールズ 7thLIVE TOUR Special 3chord♪ Glowing Rock! 大阪公演」の目玉として、演奏者を会場に呼んでの生演奏ライブが行われることが発表され、同ニコ生内でバンドメンバー全員の紹介もなされた。


メンバーは以下の5名(ニコ生での紹介順)。

演奏者楽器
IMAJOギター
睦月周平ギター
滝澤俊輔キーボード / バンマス
山本真央樹ドラム
小栢伸五ベース

シンデレラガールズの周年ライブで生演奏を行うこと自体が初の試みであっただけではなく、
ベースの小栢以外(後述)のメンバーは作曲家としてシンデレラガールズへ楽曲提供も行っており、メンバーの発表時点から大きな反響を呼んだ。


メンバー

*太字の楽曲は「Glowing Rock!」の公演内で披露されたもの。

IMAJO / ギター

本名:今城 龍寛(いまじょう たつひろ)(TOPイラスト一番左)

  • アニソンロックバンドPSYCHIC LOVER(サイキックラバー)で活躍するギタリスト。愛称は「JOE(ジョー)」。
  • 本公演のテーマ曲「Unlock Starbeat」の作編曲を担当した。
  • シンデレラガールズにおいてはアニメ14話、19話の木村夏樹のギター演奏を担当しており2015年8月22のツイート)、「Rockin' Emotion」 や「Wonder goes on!!」を始めとする夏樹の参加楽曲のギターも彼が担当している。まさにロック公演というコンセプトにふさわしい人選であったと言えるだろう。
  • ライブにおいてもその卓抜したギター演奏を存分に魅せつけ、睦月周平とのツインギターで会場を大いに盛り上げた。
  • 余談だが、睦月とは「誕生日」「血液型」「使用ピック」「使用シールド」が偶然にも全く同じであったらしい(2020年2月17日のツイート)。

制作楽曲
演奏参加楽曲


睦月周平 / ギター

読み:むつき しゅうへい(TOPイラスト一番右)

  • 音楽制作会社VERY GOO(ベリーグー)所属の作曲家。
  • クリエイターとして活躍する傍ら、アニメーション音楽の総合クリエイティヴ・ユニット『(K)NoW_NAME』(ノウネイム)に作曲家兼ギタリストとして参加するなど、多岐にわたる音楽活動を行っている。
  • シンデレラガールズにおいては、学生時代からの同期である作詞家「ミズノゲンキ」とのタッグで楽曲を制作することが多いほか、同事務所の「佐伯youthK」(佐伯ユウスケの作家名義)制作楽曲のアレンジを担当することも多い。
  • 本公演でサプライズ披露されたフォーリンシーサイドの新曲「Gaze and Gaze」の作曲も手がけていたことが2日目のMCにて明らかにされた。
  • ルックスもイケメンであり、ライブ終演後のTwitter検索のサジェストには「睦月周平 イケメン」の候補がいつまでも残っていた。

制作楽曲


滝澤俊輔 / キーボード・バンマス

読み:たきざわ しゅんすけ(TOPイラスト右から2番目)

  • TRYTONELABO所属の作曲家。愛称は「タッキー」。
  • キーボード兼バンドマスターとして、スペシャリスト揃いのバンドメンバーを見事にまとめ上げた。
  • 7thライブ大阪公演にも参加した佐久間まゆ役の牧野由依とは東京音楽大学時代の同期で、学生時代から牧野のライブへキーボードとして参加するなど交友関係も深い。
  • 特にライブ2日目のアコースティックパートにおいては自身が手掛けた「エヴリデイドリーム」と「マイ・スイート・ハネムーン」をメドレーで披露するというファン垂涎の圧巻のステージを見せつけ、5万人の大観衆を大いに魅了した。
  • ちなみに同じくアコースティックパートで披露された「Voyage」についても、作編曲のみでなくCD音源版のピアノ演奏も滝澤本人が担当している(下記参照)。
  • それまでSNSの類は一切やっていなかったが、ライブの前日にTwitterアカウントを開設。以前からデレパでよく見せていた「いじられキャラ」としてのポジションはバンド内でも健在であったようで、年下である睦月周平や山本真央樹からいじり倒される、ほほえましい姿が見受けられた。

制作楽曲
演奏参加楽曲


山本真央樹 / ドラム

読み:やまもと まおき(TOPイラスト中央)

  • Star!!」の頃からシンデレラガールズ楽曲のドラムを叩いている、若手凄腕十時Pドラマー。
  • 父親はBOWWOWの山本恭司。
  • 2019年からは「ヒトトキトキメキ」や「LOVE☆ハズカム 」など作曲提供も行うようになり、活躍の幅を広げている。
  • 下記の通り田中秀和の手掛ける楽曲にドラムとして参加することが多いが、田中も「『Star!!』」や『M@GIC☆』のドラマーさんがアイマス愛の滲み出るグルービーなドラムを見せてくれる」と山本のことをべた褒めしており(2016年12月14日 デレパ #112)、他のクリエイター陣からの評価も高いようである。
  • ライブにおいても評判に違わぬグルービーなドラムパフォーマンスを披露。特に片方の手で緑茶をラッパ飲みしながら片手でドラムを捌ききるという離れ業は大観衆のド肝を抜き、集まった5万人近くを大いに熱狂させた。他にも吹き戻しを銜えて『肺を使うドラムソロ』を披露したりとなかなかのチャレンジャーである。

制作楽曲
演奏参加楽曲


小栢信五 / ベース

読み:おがや しんご(TOPイラスト左から2番目)

  • 山本真央樹もメンバーとして参加するフュージョンバンドDEZOLVE(ディゾルブ)のベーシスト。黒いハットがトレードマーク。
  • シンデレラガールズへの楽曲提供は行っていなかったが、日本コロムビア音楽プロデューサーの柏谷智浩によるとリズム隊は音楽の土台をしっかりと支えるため、息が合っていないといけない」ということから、山本と同じバンドで何年も活動してきた小栢が抜擢されたようだ(2019年10月8日 7thLIVE TOUR 開催記念ニコ生特番第2弾より)。
  • ライブ開幕の超速スラップを始め、客席への煽りなど会場のボルテージを高めるパフォーマンスを率先して行っており、自身の高い演奏スキルとも相まってドームに集った大観衆を大いに沸かせた。

演奏参加楽曲


その他



関連タグ

アイドルマスターシンデレラガールズ Special3chord♪
スターライトステージ / シンデレラガールズ劇場
アイドルマスターシンデレラガールズ(アニメ) / ビューイングレボリューション / Spin-off!
CINDERELLA_MASTER / STARLIGHT_MASTER / jewelries!
Unlock Starbeat


外部リンク

公式サイト


Twitter

関連記事

親記事

Special3chord♪ すぺしゃるすりーこーど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シンデレラバンド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 809

コメント