ピクシブ百科事典

XF-108

えっくすえふいちまるはち

計画だけで終わったアメリカ空軍の戦闘機。XB-70と共通のエンジンを装備し、最高速度はもちろんマッハ3を予定していた。主武装もAIM-47系統の長射程ミサイルが予定されていたと言われている。
目次[非表示]

概要

米空軍XB-70爆撃機の護衛戦闘機を計画。それが本機である。
愛称はレイピア

だがXB-70自体の有効性が疑問視され、
ICBMの方が優秀』とされるとXB-70開発計画は中止されてしまう。

当然、護衛戦闘機のF-108も不要となって開発が中止され、
本機もモックアップ(木製の実物大モデル)が作成されただけで終わった。

レイピアの有効性

この機で一番問題とされたのは航続距離である。
XB-70が12000km程度なのに対して、このXF-108は4000kmだったのである。

当然、全行程を護衛するのは無理であり、
戦略空軍からも『全行程でなければ護衛じゃない』
として大ブーイングを受けた。

また、1960年のU-2撃墜事件で見られたように、
当時は対空ミサイルも大きく発展を遂げていた。

ここからも戦闘機ならともかく、相手がミサイルじゃ護衛しても無意味』
として批判され、護衛戦闘機の存在意義が強く問われた。

もともと長距離防空戦闘機として計画されていた本機だったが、
計画を一度仕切りなおして『XB-70の護衛』という目標に変更されていた。
そこへ存在意義さえ問われる欠点が発覚し、
開発計画は今度こそ完全に息の根を止められる事になった。

上記の通り、モックアップが製作された時点で計画は中止され、完成した機は存在しない。
また、エンジンはJ-93ターボジェットエンジンを2基搭載する事になっていた。
これはXB-70と共通のエンジンであり、本機の開発中止はエンジン開発の遅延を招いた。

火器システムはAIM-47『ファルコン』(核弾頭搭載型)とAN/AGS-18の組み合わせで、
これは本機の開発中止の後、YF-12に引き継がれた。

しかしYF-12も開発中止となり、
戦闘機と強力なレーダー、長射程ミサイルを組み合わせた防空システム』は、
結局F-14のAIM-54とAWG-9で完成を見る事になるのである。

関連タグ

XB-70 戦闘機

pixivに投稿された作品 pixivで「XF-108」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4158

コメント