ピクシブ百科事典

XB-70

えくすびーななじゅう

アメリカ、ノースアメリカンが開発した戦略爆撃機。アラスカ~モスクワの往復爆撃を実現し、空前絶後のマッハ3を発揮する。開発中にICBMの方が有効とされ、マッハ3級の爆撃機開発は中止された。最初の2機はそのまま試験機として完成し、NASAなどで試験機として用いられた。
目次[非表示]

目指すはモスクワ

1954年、戦略空軍長官に就任したカーチス・ルメイは
『アラスカ~モスクワを無着陸で飛行できる爆撃機開発計画を提唱する。

これに対し、ノースアメリカンとボーイングが開発案を提出。
2つは比較審査される事になった。

ところが、その開発案は爆撃機の両翼に、特大の燃料タンクと主翼の延長を継ぎ足したものだった。
アラスカからモスクワは遠く、要求仕様を満たすためには
『目標手前まで亜音速で飛行、そこからは燃料タンクを切り離して超音速に加速する』
という離れ業が必要とされたのだ。

当然、ただでさえ巨大な機体は度を越して巨大なものとなり、
ルメイは『これでは3機編隊だ!』と怒って計画書を突き返したという。

ウェイブライダー

この問題を解決するヒントはNASAからもたらされた。
これは『デルタ翼機の下部にクサビ型の突起を設置する』というものである。

そう、超音速の衝撃波の上に機体を乗せるのである。
この理論は「コンプレッション・リフト」と呼ばれ、超音速を維持するパワーは変わらないものの、
機体に揚力が補助されるため、主翼の空気抵抗を抑える事が出来るのだ。
(主翼の揚力で機体を支えなくてもよい=主翼は小さくても良い=空気抵抗や機体重量を減らせる)

有人爆撃機の敗北

・・・と、ここで一つの問題が持ち上がった。
爆撃機ICBMよりも優秀なのか、と。

1957年、ソビエトが人類初の人工衛星「スプートニク1号」の打ち上げに成功。
これは弾道ミサイルの発射成功と同義である。
核兵器の投射手段として利用されることが予想された。

これはアメリカでも『スプートニク・ショック』と呼ばれ、
『今度はミサイルが万能になるのではないか』という風潮が生まれた。(ミサイル万能論
ただし、冷戦の軍拡真っ最中にあっては、ルメイら軍拡派が主導権を持っていた。
つまり『爆撃機も有効である』という意見が優勢だったのである。

これを突き崩したのがロバート・マクナマラである。
詳細はF-4F-111といった別項を参照してもらうとして、
彼は軍事費の大幅抑制を目指したのだ。
当然、莫大な費用がかかるB-70計画も槍玉にあがった。

結果、B-70は『ICBM程の費用対効果を得られない』との結論が出た。
最高速度のマッハ3では、ほとんど真っ直ぐにしか飛べないのだ。
これではICBMと大差が無い。

「高高度飛行で防空網をかわす」という意見も、1960年のU-2撃墜事件で無意味となった。
結局B-70量産計画は中止され、随伴護衛戦闘機「F-108」の開発も中止された。

RS(Reconnaissance-Strike):偵察・爆撃

ちなみに、その後B-70は『偵察と爆撃を兼ねた機体』こと「RS-70」としても提案された。
だが結局はロッキードの「RS-71」が採用される事になったのでお蔵入りとなっている。
(余談ながら、RS-71は時の大統領の言い間違いによってSR-71として知られるようになる)

群青の空を超え・・・られなくて

しかし、人類未踏のマッハ3を調査するため、試作機と原型機3機の開発は継続された。
(試作機YB-70は後に開発中止)
時あたかもSR-71の登場前。
人類初のマッハ3級実験機として期待された。

・・・と、ここで膨大な開発予算を要する開発計画が裏目に出た。
本来はF-108と併せて開発される機体だったのだ。
特にエンジンはB-70と共通であり、この中止はエンジン開発に大幅な遅延をもたらした。
(併せて開発=開発期間・費用の削減)

減らされた予算と人員では余計に開発が遅れ、
完成はSR-71(当時はA-12)よりも後になってしまった。
「初めてのマッハ3」という栄誉までSR-71に奪われてしまい、XB-70はすっかり影に隠れてしまった。

なお、XB-70はNASAで実験機として用いられた。
実験の中には『超音速輸送機(SST)開発計画』のためのデータ収集もあった。
(SST=Super Sonic Transporter)
ここで収集されたデータが分析され、『SSTは不経済で非効率』という結果が出るのだが、
それはまた別の話である。

ヴァルキリー

この名称は公募で決定したものと言われている。
応募総数は20235通と言われ、「ヴァルキリー」の名称はその中でも抜群のトップ・・・

・・・では無さそうだ。(「ヴァルキリー」の得票総数は13通)
どうも公募キャンペーンそのものがアリバイ臭い、と言われている。

ともかく、完成時は既に実験機として使われることが決まっていたので、
完成した2機はそのまま実験機として用いられた。

1号機は1964年5月1日完成、9月21日初飛行。
2号機は1965年5月29日完成、7月17日初飛行。
時はベトナム戦争只中の出来事だった。
なお、2号機は何かにつけて調子がよく、実験などには多く使われたという。

ラグナロクの時へ

1968年6月8日、XB-70はエドワーズ空軍基地周辺の訓練空域においてGE社のCM撮影に協力。
しかし、その撮影終了後に編隊を組んでいたF-104Nと空中接触、
F-104Nはあっという間に火球と化して墜落した。

XB-70はしばらくそのまま飛行していたが、
接触で垂直尾翼が両方とももぎ取られたので、機体は操縦不能になった。

結局XB-70は回復することなく墜落した。
訓練中だった副操縦士は脱出できず、機と運命を共にした。
やっとの事で脱出した操縦士も重傷を負い、後にXB-70に乗る事は無かった。

そして、F-104Nの操縦士の遺体(と思しきもの)はとうとう発見されず、
この事件での死亡者は2名となった。

晩年

この事故で墜落したのは2号機である。
残った1号機は、その後NASAに引き取られて上記のSST計画などに参加したという。
そして1969年2月4日、1号機はライト・パターソン基地に最後の飛行を行った。
着陸後、1号機は空軍博物館への11kmを陸路で移動し、こうして最後の旅を終えた。

現在、XB-70はデイトンの空軍博物館で展示されている。
かつてソビエトと隆盛を競い合った姿を、屋内展示場で見る事が出来るという。

に、飛行機を見につれてけと言われています。

2ちゃんねるに投稿されたもの。

<以下引用>
13 名前:名無し三等兵 投稿日:2005/06/09(木) 14:18:06 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……F-108レイピアに護衛されて飛ぶXB-70ヴァルキリーが見たいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwww無理wwwwwwwwww

<引用終わり>

XB-70 は実用化されず、F-108 も計画だけで中止になっている。つまり彼女の期待は実現しない上に、機種の選択が非常にマニアックなのである。
これ以降「妹が〇〇をしたいと言っています」というスレが立つようになった。

関連タグ

軍用機 実験機 爆撃機 XF-108
ワルキューレ

pixivに投稿された作品 pixivで「XB-70」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20239

コメント