ピクシブ百科事典

のぶニャがの野望

のぶにゃがのやぼう

“のぶニャがの野望”は、yahooモバゲーにてコーエーテクモが提供するPC向けブラウザゲーム。
目次[非表示]

公式ページ http://www.gamecity.ne.jp/nobunyaga/ 
公式ツイッター http://twitter.com/oda_nobunyaga

概要

オンライン戦国シミュレーションRPG。猫の傭兵団の頭領となり日本全国で討伐や合戦を繰り広げる。2011年春よりサービス開始。基本無料一部課金制。

特色

・登場キャラクターは基本的にすべて猫。ボイスイフェクトも少数あるがこれも猫の鳴き声。
・武将名は史実の武将など戦国時代の人物名を一部アレンジしたもの。
・武将カードのグラフィックは実物の猫の容貌を尊重したものが多く、デザイン元となった猫種の特徴も明瞭。デフォルメや簡略化の程度はやや軽め。擬人化の程度はまちまちで(姫を中心に若干見られる)幅がある。

  • 基本的に元の武将の名前に猫種や猫の鳴き声を捻じ込むパターンが多い。例:信長(のぶなが)→のぶニャが、政宗(まさむね)→まシャムね
  • 元の名前の後ろにニャンを付けただけのパターンは姫に多い。
  • 元の名前と猫武将の名前の読み仮名が完全に一致するケースが極僅かに存在する。例:ねね→ネネ、茶々(ちゃちゃ)→チャチャ安井道頓(どうとん)→安井どうトン等。
・カード以外でのグラフィックはデフォルメされた表現が多数見られる。
・甲冑などは史実に基づいた表現もあるため、他の猫化表現の武将キャラとの共通性が見られることも。(例として「ミィ直政」と「ひこにゃん」など)
・戦闘中に使用する各猫が持っている特技に「ねこじゃらし」「マタタビ」「爪とぎ」といった猫独特のものがみられる。
・特技の他に奥義も存在し、特定の猫二匹以上で発動出来る。
・各大名の家紋も猫風にアレンジされたものが使用されている。

他作品へのゲスト出演

看板キャラの織田のぶニャが(織田信長)がプレイヤーキャラとしてゲスト出演している。
2019年現在、『のぶニャがの野望』には家庭用機・携帯機用ゲーム版が存在しない為、家庭用機・携帯機でのぶニャがに触れる貴重な機会でもある。

妖怪三国志
光栄とレベルファイブのコラボ作品。(三國志+妖怪ウォッチ)
CV:梶裕貴
Cランクのイサマシ族として登場。特定のクエストをクリアすると友達に出来る。

この他、『討鬼伝』からのゲストとして天狐、シブサワ・コウ(襟川陽一)と鯉沼久史をモデルにしたボスが登場する。

後に同作の武将妖怪ジバニャン劉備フユニャン曹操が『のぶニャがの野望』でゲスト出演(スマホ用ゲーム『国盗りウォーズ』名義)を果たし、相互乗り入れ状態となった。

無双☆スターズ
CV:武内駿輔
『のぶニャがの野望』代表枠として登場。その代わり織田信長が登場しない。

アニメ

TV番組「戦国鍋TV」においてショートアニメが放映されている。

関連タグ

織田信長 信長の野望 無双シリーズ

関連記事

親記事

コーエー こーえー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「のぶニャがの野望」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 297425

コメント