ピクシブ百科事典

ほむどれチャンネル

ほむどれちゃんねる

ほむどれチャンネルとは主にパワプロとパワポケの動画をアップロードしているYouTuberである。 禁忌のゲーム「実況ナマハメエロ野球」を紹介している異端児 考察系youtuber
目次[非表示]

リンク


ほむどれチャンネル(YouTube)

ほむどれTwitter

サブチャンネル(YouTube)

概要

2018年9月28日登録。
パワプロパワポケシリーズのあれこれを紹介しているYouTuber。
パワプロを愛する男。スクエニ信者。
好きなYoutuberはヒカルさん。
BIG BOSSを尊敬している。

パワプロシリーズのキャラクター紹介等をしていたが、始めた当初しばらくは全く視聴者がおらず、記念すべき最初のライブ配信に誰も来ないなど、底辺YouTuber生活を送っていた。
しかし、その後始めた新コーナー「パワプロ考察」がヒット。
そこから徐々にチャンネル登録者が増えて行った。
パワプロYouTuberなのにも関わらず、パワプロアプリYouTuberの批判をしたり、禁忌のゲーム「実況ナマハメエロ野球」の紹介をするなど、パワプロ界隈ではかなりの異端児と言える。

収益化はほぼ無意味だ。(^U^)
再生回数上位の動画は全部エ□だからね、しょうがないね。

動画内容

パワプロ考察

ほむどれチャンネルの十八番とも言えるシリーズ。
ゆっくり音声を利用した解説動画で、パワプロ・パワポケにまつわるコラムやキャラクターの特徴の由来など、パワプロ・パワポケを詳しく知る事ができる。
主な内容は「闇野の正体」「清本はなぜみんなのトラウマなのか」「パワポケはなぜCERO-Aなのか(後に出たパワポケRで始めてCERO-Bになった)」など、パワプロシリーズをプレイした事の無い人にもわかりやすい。
動画公開当時このジャンルは未開拓であり、物珍しさもあってか視聴者が大幅に増えた(当社比)。
シリーズの範囲も徐々に増えていっている。
一方無断転載などの問題行動も多い。


生配信

ほむどれチャンネルでは恒例となっているコーナー。
土日の夜にパワフェスやサクセスシナリオをプレイする。
考察動画同様にストーリーの説明や概ねのシステムを教えてくれるので初心者向け…かと思いきやアレな鼻唄、自主規制なネタがあったりするので、視聴する前にイヤホンの接続をしっかりしよう。
諸注意についてはライブ概要欄参照。

なぜか他の実況者に比べて頻繁に放送事故してしまうらしい(例︰画面がちらつく・映像接続が切れるなど)。
視聴者の間ではデウエスがやってきた。と揶揄される。

メンバー限定動画・メンバー限定配信について

前までおこなって来なかったメンバー限定動画だが、2020年7月15日に初めて実験回として栄冠ナイン実況の動画が公開された。
その内容というのが、「意味わからない程テンションを高くする」という物であった。
「~だぜ!」とかいう語尾を連発するほむらちゃんもビックリの口調だったらしい…
終いにゃほむどれ氏自身も笑ってるという本末転倒

余談

ほむどれという名前の由来は川星ほむらと志藤玲美より来ている。
パワプロシリーズでも屈指の推しキャラなんだとか。
ただしツイッターのプロフには若菜初美の名前が刻まれている…

危険を省みず(?)責めた内容の動画を作った結果収益を断ち切られる。
さらに責めた結果、受けられるはずの恩恵である再生回数は全くの無意味な物と化してしまう。
これまでも人気な動画はたいてい収益化を無効にされてしまい、しまいには視聴者からもしょっしゅうネタにされる。

まとめ

パワプロシリーズをプレイしたかどうかに関わらず楽しめる動画が多いので、パワプロのあれこれを知りたい人、KONAMI作品が好きな人、野球ゲームでパワプロをやろうか迷っている人はオススメ。
下ネタに対してある程度許容範囲がある人は生配信も見てみよう。
生配信も見てみよう。
生配信もみようね。
生配信見たいですか?
生配信見ますよね?
そう、生配信見るんですよ(イカれた5段論法)。
それと、是非このリンク先からチャンネル登録してくださいお願いします(乞食)。

関連タグ

パワプロ パワポケ 考察 実況者 YouTuber

関連記事

親記事

YouTuber ゆーちゅーばー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ほむどれチャンネル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17428

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました