ピクシブ百科事典

アカマタ(ヘビ)

あかまた

ここでは、爬虫綱有鱗目ヘビ亜目に属する蛇の一種、アカマタについて紹介する。

概要

主に奄美群島や沖縄諸島に棲息する、爬虫綱有鱗目ヘビ亜目に分類される大型(全長1.8~2m)の蛇である。漢字では「赤楝蛇」と表記する。体色は黄褐色で、背面に赤と黒の横縞が入る。 名前の由来は沖縄の方言で「駁模様のある蛇」の意。奄美地方では「マッタブ」と呼ばれる。平地から低山地の森林、草原、水辺に住む。地上も樹上も選り好みせず生活環境とし、夜行性。ネズミなどの小動物の他、ウミガメの子供や毒蛇のハブまで捕食する(尚、アカマタは沖縄に措いては、ハブの数少ない天敵である)。そうした性質と派手な外見からか、沖縄ではアカマタは(さながら本土のキツネタヌキのように)変化して人を騙すと言う俗説が伝えられ、各地にアカマタが化けた美男子に騙されたり、かどわかされた女性の伝説がある。

最近では、バラエティー番組で芸人たちにいいリアクションをさせる名脇役としても活躍(?)している。

関連タグ

爬虫類 ヘビ
アカマタ

関連記事

親記事

ナミヘビ科 なみへびか

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アカマタ(ヘビ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36

コメント