ピクシブ百科事典

アルガ

あるが

アルガとはかつて存在した雑誌「ガンダムマガジン」連載の漫画作品「ガンダム伝説」の第1話「RX-78誕生秘話」に登場するジオン兵

「好きでなければパイロットはやれん」
「こ・・・これがガンダム。何て奴だ。こいつが完成したら・・・」

概要

時は宇宙世紀0079年、地球連邦ジオン公国戦争の最中、MSを導入していたジオンに対抗するべく地球連邦軍は独自のMS開発計画V作戦を進めていた。
しかしテム・レイ技術大尉を中心に行われているV作戦であるがザクを凌駕する性能を持ったMSを乗りこなせるパイロットが連邦軍にいなかったため遅れていた。
パイロットを育てた所では間に合いそうに無かった為、ある手段に出る。それは鹵獲したザクのパイロットを開発中のRX-78のテストパイロットをさせると言うものであった。
その為にテムはアルガと言うジオン兵を起用した。
RX-78に搭載する学習型コンピューターを完成させるためには熟練したパイロットである彼が必要であるとテムは敵に最高機密を教える事になると反対していたパオロを説得する。
アルガ自身は一介の兵士では無く、モビルスーツが好きでパイロットをやっていたらしくザビ家への忠誠心やスペースノイド独立への理想はあるかどうかは不明。なお彼はテムの部屋にあったアムロの写真を見て「科学者面じゃなくてMS乗りって顔だ」と称していた。
テムはアルガに連邦軍の為でなく、科学者としてザクを超えるものを作りたいと語った。そして自分達でこの先ずっと名が残る永遠のMSとしてRX-78ガンダムを作り、育てようと誘うのだった。
そして数日間、アルガはガンダムを操縦してテストを行った。そしてテムの思った通り、かなり順調に向かっていった。テムは彼を捕虜では無くエースパイロットと評した。

「強い・・・こいつは・・・ガンダムは・・・鬼神だー!!」

そして最終テストは無事にうまく終わった。ガンダムが完成したパオロは部下であるブラウンに知りすぎたアルガの抹殺を命じるがアルガはテムの部屋から銃を持ち出していた。
自分が育てたガンダムは今までにない宇宙最強のMSとなったがその息子がアルガの仲間であるジオンを倒すのを見届けたくないと彼は拳銃で自殺してしまう。


「さらばテム さらばガンダム 俺の息子よ」


アルガの名前は連邦軍の記録には残らなかったが彼の功績は永遠に消える事は無いであろう。勇者ガンダムと共に。


この4か月後に連邦軍はRX-78-2ガンダムを完成させた。そして皮肉にもそのガンダムに乗ってジオン軍を蹴散らしていったのはテムの子供であるアムロ・レイであった。アルガの言っていた通りにアムロはMSパイロットになってしまったのである。そしてアムロとガンダムの活躍もあって戦争は終結した。

関連タグ

V作戦
ジオン
ガンダム
RX-78

関連記事

親記事

ジオン じおん

兄弟記事

コメント