ピクシブ百科事典

アヴィド

あうぃど

アヴィドは「聖闘士星矢」の外伝「ロストキャンバス」に登場する暗黒聖闘士。イラスト奥の人物。

概説

アヴィドは「聖闘士星矢」の外伝「ロストキャンバス」に登場する暗黒聖闘士
教皇セージの弟ハクレイの弟子であり、祭壇星座白銀聖闘士となることがほぼ決まっていたが、これを嫌って堕落、暗黒聖闘士となる。このときの経緯から祭壇星座の聖衣を負け犬の聖衣と蔑むが、自らも暗黒祭壇星座の聖衣を纏う。容貌が師匠に酷似しているが、血縁関係などは不明。

四人の暗黒聖闘士(おそらくは中位、上位の白銀聖闘士級の実力者と思われる)を幹部にイタリアで犯罪組織「ネーロ」を結成し暴れ回っていたが、その暴れぶりがあまりにも目に余るものとなってきたためセージによって討伐される。
刺客には黄金聖闘士のマニゴルドアルバフィカが派遣された。

このことからも分かるように実力は非常に高く、積尸気冥界波積尸気転霊波は無論のことその派生技を多数使用し、魂だけで教皇の間に乗り込む、遠方から魂を焼き払うなどのほか、殺した人間の魂を館や葉巻、金貨に変えるといったことまで可能だった。

最後はマニゴルドに敗れ、師匠との直接対決の果てに冥界へ落ちるが、この際に師匠に対する複雑な心中を覗かせた。

関連タグ

聖闘士星矢 ロストキャンバス
白銀聖闘士 ハクレイ
ジャミール 教皇セージ マニゴルド

pixivに投稿された作品 pixivで「アヴィド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8785

コメント