ピクシブ百科事典

ウィニア

うぃにあ

ウィニアとは、ドラゴンクエストⅧの登場人物の1人にして主人公(DQ8)の母親の名称である。
目次[非表示]

概要

竜神族の長老の1人で父グルーノの1人にして、ドラゴンクエストⅧ主人公の実である女性
好奇心旺盛にして明るく天真爛漫な性格の持ち主で、かつて掟で交流を禁じられていた人間界に密かに降り立った際、当時サザンビークの王子であったエルトリオと出会い、に落ちるも、この事を知り人間と一緒になっても幸せになれるはずがないと思い込み激昂したグルーノによって無理やり仲を引き裂かれ故郷の竜神族の里に連れ戻されてしまう(なお、この時、エルトリオとの間に子供を授かっていたが、妊娠の兆候が表れていなかったらしく、(おそらくウィニアとエルトリオ以外は)誰も気づいていなかった模様)。

悲しみに暮れる日々を送っていたがそんなある日、最愛の人であるエルトリオが自分を追って里の近くまでやって来たが、あと少しで里に到着するという所で力尽き亡くなっていたという知らせを聴かされる。これによって悲しみに打ちひしがれた彼女は、自分たちを引き裂いた父を恨みながら塞ぎこんでしまい次第に衰弱してく。

そしてこの時すでに主人公を身籠っていた彼女は、子供を出産すればに関わるという周囲の反対を押し切って愛するエルトリオとの間に授かった子供を自身の命と引き換えに産み落とし、この世から去っていった………。

この一連の悲劇に責任を感じたグルーノは残されたである主人公を見守り続けることを決意し、トーポという名のネズミの姿を借りて人間界へと赴く。また、その直前、彼女の亡骸を「せめて死んだあとぐらいは一緒に…」という配慮から、竜神族の里へと続く山道に設けられたエルトリオが眠っている場所に密かに埋葬している。

なお、『天の祭壇』にある彼女の墓は他の里の民たちへ体面を保つための偽物であり、この真実はグルーノ(とおそらく竜神王)以外、誰も知らない。

また、彼女の形見はエルトリオから贈られた『アルゴンリング』であり、里の実家で大切に保管されていたが最終的にはグルーノから主人公へと託される事となる。

余談

エルトリオと共に既に故人である為、物語において主人公が対面することはないが、その容姿は(グルーノの紙芝居が忠実に再現されたものであれば)ミーティア姫にそっくりだと一部のファンからいわれているらしい(まぁ…グルーノが紙芝居では妙にイケメン化していることは気にしてはいけないんだろうが…)。

なお、似たような悲恋物語がDQ4でも書かれているが、こちらは亡くなったのが主人公の父親で、母親らしき人物が健在であることを考えると、その悲壮さがよく伝わってくる…。

関連項目

エルトリオ エイト

ソアラダイの母。こちらは人間族で、出産後もしばらくはと共に幸せな生活をしていたがある出来事により帰らぬ人となってしまった。

関連記事

親記事

エルトリオ えるとりお

pixivに投稿された作品 pixivで「ウィニア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20522

コメント