ピクシブ百科事典

ウインドシンセサイザー

ういんどしんせさいざー

ウインドシンセサイザーとは、吹いて演奏するタイプのシンセサイザーのこと。
目次[非表示]

概要

通常のシンセサイザーが鍵盤を押して演奏を行うのに対し、ウインドシンセサイザーはコントローラーに息を吹き込むことにより、息の流れの強弱を電気信号に変換して音を奏でる。
例として、F1のテーマソングとして知られるT-SQUAREの『TRUTH』のメロディを奏でる音と言えば、耳にしたことがある人も多いだろう。

利点

管楽器の音色を鍵盤で演奏した場合、微妙な強弱やピッチの変化を付けるのが難しく、どうしても「打ち込みっぽさ」が残ってしまうことが多い。ウインドシンセサイザーを用いれば、演奏者独特の癖やリズムの揺れなどが反映され、より人間っぽい演奏を行うことができる。

また、演奏できる音色は接続先のシンセサイザーにて変更できるため、金管楽器や木管楽器、またはシンセサイザー特有の電子音なども自由に奏でることができる。ピッチの変更も容易であるため、技術がないために高音・低音が出せないということもない。

機種にもよるが、コントローラーの操作方法はクラリネット、フルート、サックス(リコーダーに近い)、トランペットなどに用いられる指使いの中から自由に選択できる。慣れ親しんだ操作方法であらゆる管楽器の音色が出せる魅力的な楽器である。

主な機種

コンピュトーン社の『リリコン』(現在は製造終了)や、ヤマハ社の『WXシリーズ』、ニュマーク社の『AKAI EWIシリーズ』などが有名。
特にリリコンは知名度が高く、ウインドシンセサイザーを総称してリリコンと呼ぶ人も多い。

関連イラスト

イラストにつけられているタグとしては、こちらより電気笛の方が多く用いられている。
おそらくニコニコ動画演奏してみた動画にて、この俗称が多く使われたためと思われる。

「ちょっと、もう少し何とかなんないの?」
スク水諏訪子がEWI


コ、コードが…食い込む…



関連タグ

楽器 管楽器
リリコン EWI
電気笛 東方電気笛

pixivに投稿された作品 pixivで「ウインドシンセサイザー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26415

コメント