ピクシブ百科事典

エロ母と暴力息子

えろははとぼうりょくむすこ

pixivユーザー、『スルメ・デ・ラ・ロチャ』氏のオリジナル漫画である。
目次[非表示]

概要

スルメ・デ・ラ・ロチャ氏のオリジナル漫画。
最初の頃はケンちゃんとその母親による下ネタギャグ漫画だったが、第129話あたりからこの母子が登場しないエピソードが増え、白ハゲ漫画路線変更してしまった・・・と思いきや、初期の路線も『元祖エロ母と暴力息子』というスピンオフとして復活した。
また、こちらではpixivに投稿されていない作品が閲覧できる。

登場人物

エロ母(母兆眞沙子)

センシティブな作品


息子と性交する事を目的にしている。主人公のはずだが、今では影が薄い。

暴力息子(母兆喧)

エロ母と暴力息子5


エロ母の息子だが、名前に反してあまり暴力を振るうシーンはない。

野蛮な人食い土人

センシティブな作品


表情を変えず淡々と正論を述べる。3コマ目に食事をする事も多数。現在では実質主人公。

弟子ちゃん

エロ母と暴力息子724


人食い土人の弟子。ダブルスタンダードを含む独善的行為により自滅を繰り返す道化役。よく土人に食べられる。出番は一番多い。

博士

エロ母と暴力息子672


頭にリボンを付けた天才科学者。1コマ目で発明を見せる→2コマ目以降弟子ちゃんがそれを利用して…は黄金パターンの1つ。

ドレイちゃん

センシティブな作品


初期は名前通りドレイ扱いされていたが、現在では博士の助手扱いで落ち着いている。褐色肌でメイド服。

テケラリ

エロ母と暴力息子605


目と鼻の穴の大きい白衣姿の年老いた男性。常に楽天的。

黒髪青年

エロ母と暴力息子503


テケラリとよく絡む。やや後ろ向きな性格。

大天使

エロ母と暴力息子771


きれいな顔をした天使だが、時に弟子ちゃん同様独善的な振る舞いをする事も。

店主

謝罪しないと許さないぞ!


いろんな物を売ったり買ったりする店の店主。細い目とベスト姿が特徴的。
(相手に問題があるが故だが)登場人物で一番暴力や殺人に抵抗が無いが、同時に悪質性の低い相手に対して一番優しいのも彼。
クレーマーの言い分が属性面だけの場合など相手の白ハゲの悪質性が低い場合は割と優しい。

悪魔

エロ母と暴力息子1244


文字通りの存在。土人と出て来る時は道化役だが、弟子ちゃんと出て来る時は善悪の対比役を務める。

大川ぶくぶ

エロ母と暴力息子505


言わずと知れたプロ漫画家。作中では創作の心構えその他について語る役。基本的に辛辣な物言いをする。作中では常にコンドームをかぶっている。

メガネ3人衆

エロ母と暴力息子1025


正論じみた理屈を並べるが、その実はとにかく○○と言いたいだけの迷惑極まりない存在。作者の他の漫画にも登場する。

悲観主義者

エロ母と暴力息子598


長髪・無精ひげの男。テケラリと対比される事が多い。

腐女子ちゃん

エロ母と暴力息子1053


その名の通りの子。瓶底眼鏡が特徴。時々制裁される(人食い土人ではない)事がある。

腐女子ちゃんの友人

エロ母と暴力息子995


腐女子ちゃんと共によく登場する。

妖怪靴下片方隠し

エロ母と暴力息子299


靴下の半分を隠すのが幸せと言う妖怪。幸せの尺度や達成度を図る役目が多い。

ミライ先生とその生徒

ウイルスで滅んだ国のお話


現在の世界が過去になった未来の登場人物達。
現代にあった事を過去の過ちとして説明する。

白ハゲ

エロ母と暴力息子1259


この作品における悪役。

ジャガイモ5人衆

エロ母と暴力息子265


自由気ままに生きるのがモットーの5人組だが、土人に正論を言われると手のひら返しをする迷惑な奴ら。

ザマスおばさん

エロ母と暴力息子1293


いつも文句ばかり垂れている。ツイフェミの象徴として描かれることが多い。

関連タグ

オリジナル漫画
白ハゲ漫画

関連記事

親記事

スルメロック するめろっく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エロ母と暴力息子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4026437

コメント