ピクシブ百科事典

カチュア・ラストルグエヴァ

かちゅあらすとるぐえゔぁ

『サタノファニ』の登場人物であり、羽黒刑務所の受刑者の少女の1人。
目次[非表示]

概要

元は山田恵庸の漫画『CHARON』の登場人物だったが、『マガジン』2014年4・5合併号にて打ち切りとなった数年後に作者が発表した新作『サタノファニ』にスターシステムで登場。名前・容姿・性格は前作に準ずる。

羽黒刑務所に収容された受刑者の1人でロシア人のハーフ。因みにロシア人は母親の方で父親は日本人である。
スリーサイズは93(Gカップ)・60・91で血液型はB型。パーソナルナンバーはLB0006。出会い系で会った男性を次々に殺害した為、マスコミからは「ワンナイトキラー」と呼ばれている(後にターゲットには女性も含まれていた事を明かしている)。
外国人風の見た目からは想像出来ないが、生まれも育ちも京都であり京都弁を喋る。

性に対しては奔放で、自身をヤリマンと称する点から、同じく自他ともに認めるビッチカレンと良く絡む光景が劇中では散見され、その性への奔放さは男性相手にも大いに役立つ。釣りが趣味らしく、魚類関係はその活き締めの仕方も込みで詳しい。また、サンクチュアリ号では麻雀も強い所を見せた。

ミラーニューロン発火の「スイッチ」となる衣装はパパーハを被ったケープ付きのコートで、色は黒で統一されている。戦闘では太腿に仕込んだ多数のナイフを武器に、罠を仕掛けての騙し討ちや不意打ち等の奇襲戦法を取る反面、近接戦闘は不向き。

「ベース」となったマーダーモデルはアンドレイ・チカチーロ

その生い立ち

ロシア人の血を引きながら、生まれも育ちも生粋の京都のカチュアだが、彼女の故郷は海に面した田舎であった。ロシア人の母はロシアンパブに勤めるホステスだったが、カチュアが物心付く前に離婚して国に帰ってしまった為、彼女は父の男手一つで育てられた。
外人風の外見に加え、田舎と言う環境も手伝って学校では虐めの標的にされており、その度に父がボートに乗せて海釣りに連れて行ってくれていた。幼少のカチュアにとって、海釣りは嫌な事を忘れさせてくれる1番の娯楽だったのである。彼女の魚への造形の深さと釣りの腕は、そうした過去に起因していた。
だが、中学に上がったカチュアに待っていたのは、自身に母親の面影を見出し豹変した父親から近親相姦されると言う地獄の日々であった。そのストレスからやがてメデューサ症候群を発症し、16歳の時に彼女は父を殺害。カチュアが殺人鬼として童貞を捨てた最初のターゲットは、皮肉にも自身の父親だったのである。

余談

作者の山田氏はサタノファニで最も好きなキャラに彼女を挙げている。理由は凄く使い易いからだとか。

関連リンク

サタノファニ

関連記事

親記事

サタノファニ さたのふぁに

コメント