ピクシブ百科事典

カリオストロ公国

かりおすとろこうこく

カリオストロ公国とは、『ルパン三世カリオストロの城』に登場する架空の国。

概要

物語の舞台となる国。
人口3500人と世界で最も小さな国連加盟国であり、壮麗な塔を持つ居城カリオストロ城やにぎやかな城下町、古代ローマ時代に作られた水道橋があり、美しい山々や自然、湖に囲まれた平和な国。

しかしその裏では、世界各国で流通する紙幣を精巧に真似たゴート札と呼ばれる偽札の製造現場になっており、東西冷戦下の時代においては国際的にも無視できない強い影響力を持っている。
その造幣技術は「本物以上」と称されるほど高いもので、400年にもわたって贋金製造の秘密を守るため、中世の権力闘争や世界中の政府、諜報、警察機関の捜査をかい潜っており、これの詳細を探ろうとした者の多くが消え去っていったことから「偽札界のブラックホール」と呼ばれて恐れられていた。

国政は代々大公とその一族が行っており、伯爵家は公国の陰の部分である偽札の生産および外敵の暗殺を担っていたが、物語の数年前に大公が原因不明の火災で死亡したため、現在では伯爵家が摂政として国の実権を握っていた。

劇中の新聞や、ルパンが送った予告状からフランス語が公用語と推測される。

実はこの地にはかつて古代ローマ人たちが住んでいて都市を築いていたが、この地を離れる際に水門を使って都市を湖の底へ沈め、大公家はそれを代々守り続けてきた。

関連項目

カリオストロの城
クラリス・ド・カリオストロ ラザール・ド・カリオストロ(カリオストロ伯爵)

関連記事

親記事

カリオストロの城 かりおすとろのしろ

子記事

兄弟記事

コメント