ピクシブ百科事典

ゴート札

ごーとさつ

映画「ルパン3世 カリオストロの城」に登場する、偽札界の最高峰。

概要

本物以上の完成度といわれている伝説の偽札
ルパン曰く「世界史の裏で暗躍し続けてきた」偽札であり、ブルボン王朝を破滅させ、ナポレオンの資金源となり、世界大恐慌の引き金にもなったという。

本工場はカリオストロ公国にあるカリオストロ城で、城内の礼拝堂の隠し階段の先にある「地下工房」と呼ばれている施設。これは伯爵家が代々ゴート札製造を取り仕切っている。この秘密を守るために城は侵入者抹殺を重点に置いた過剰なまでに突き詰められた対策がとられており、城の地下に一度落とされたら二度と這い上がれないと言われる広大な幽閉壕まで作られている。この幽閉壕には、これまでゴート札を探り失敗・幽閉された者達の夥しい数の遺体が散乱しており、その中に明治時代の日本軍の軍偵だった男(付近の壁に遺言が刻まれており、遺体の状況からして拳銃自殺と思われる)の遺体をルパンが発見している。

現在でも円(日本)、ドル(アメリカ)、マルク(制作当時の西ドイツ)、ポンド(恐らくイギリスのスターリング・ポンド)、フラン(当時からして恐らくフランス・フラン)、ウォン(どちらか不明。制作当時は北のほうが豊かだったと言われている)などなど、作中で判明しただけでも10ヵ国以上もの種類のゴート札が世界各国で密かに流通しており、峰不二子がクラリス付きの召使いとして潜入し手に入れようとしたのも、このゴート札の原版である。
だが、最近は最新印刷機の導入や流通経路の拡大など生産ノルマを上げた弊害で、精巧度が過去に比べて(まだ問題になる程ではないが)低下していることが、製造責任者の進言と伯爵の指摘から明らかになっている。

ルパンも昔に一度、このゴート札の根源を突き止めようと城に潜入したことがあるが、若さゆえの慢心から命を落としかける重傷を負い、以降は身を引いていた(この時に死にかけていたルパンを見つけたのがクラリスとその愛犬のカールであった)。

その後、地下壕に閉じ込めたルパンと銭形警部の脱出を許してしまい、その所在を発見されることになる。
銭形はいくつかのゴート札を証拠品として確保して脱出後、この地下工房の存在を政治的利用価値からもみ消そうとする上層部の態度に憤慨し、公にするためにルパンの伯爵とクラリスの結婚式襲撃のどさくさに便乗。ルパンを追いかけていたら偶然発見した体を装って、全世界のテレビ中継のモニター前で白々しい芝居と共にゴート札製造の事実を白日の下に晒した。
その後は時計塔の仕掛けの作動で水道橋が壊れ、その影響で幽閉壕諸共に浸水、程なくしてインターポールの捜査が入り完全に機能を失ってしまった。

1982年に発売された山崎晴哉の小説版では元スイス大蔵省造幣局の主任技師を破格の高待遇を持って招聘していた設定で、さらに多くの国の指導者が密かに贋札作りを要請していた。クラリスの父である大公はゴート札の廃止を伯爵に要請していたが果たせず大火事で死亡した(小説版に限れば伯爵の謀略である可能性が濃厚)。

後日談として制作されたアドベンチャーゲーム「カリオストロの城-再会-」では、長きに渡る城の暗部を戒めとして残すべく設置されたモニュメントパークの一環として、地下工房の印刷機などが展示品として一般公開されている。
だが、カリオストロの真の宝を得るための調査資金としてジョドーが密かに工房を再建し製造を再開、更には地下幽閉壕も一切の脱出口を封鎖しつつ再建したが、再びルパン一味によって幽閉壕を突破された挙句に工房を潰された。

関連タグ

ルパン三世 カリオストロの城 カリオストロ伯爵 カリオストロ城
スーパーノート:北朝鮮製リアルゴート札

関連記事

親記事

カリオストロの城 かりおすとろのしろ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴート札」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47796

コメント