ピクシブ百科事典

キリノ・マキオ

きりのまきお

キリノ・マキオとは、『ウルトラマンティガ』のゲストキャラクター。

「超越した存在など恐怖以外の何者でもない。僕たちはたちどころに化け物扱いだ。そうでしょう?」
演:宮下直紀 / 筒井万央(少年時代)

概要

第39話「拝啓ウルトラマン様」に登場。
読心や予知、テレパシー等数多くの超常的な力を持つ超能力者。
その能力故に周囲から「化け物」と呼ばれて疎まれ続け孤独な少年時代を過ごしており、自分と同じく人ならざる力を持っているのに人々から疎まれるどころか賞賛を集めるウルトラマンティガに嫉妬し、その正体がマドカ・ダイゴであることを突き止めると彼にティガに変身せずに怪獣ガルラを倒すことと、もしティガに変身したらティガの正体がダイゴであると世界中に公表すると脅迫紛いのゲームを持ちかけ、ダイゴを苦悩させた。

だがウルトラマンティガがガルラと戦って傷つく姿を見て、ダイゴも自分と同じく苦しんでいた事とティガが賞賛されているのは力があるからではないという事に気付くと、超能力でガルラの弱点が喉であることをティガに教え、援護した。
戦いの後は素直に自身の負けを認めてティガの正体公表を中止し、自分の力に頼ることも怯えることも無い普通の人間として生きる事を決めて去っていった。

最終回ではテレパシーを使ってGUTSとハヤテ・シンにコンタクトし、ガタノゾーアの闇で遮断された通信を仲立ちし、ティガ復活に協力。
自身を「ダイゴに心の光を貰った者」と称し、シンジョウ・マユミに素敵な力と褒められた際には「自分の力をそう思えるようになったのは最近の事です」と明るく答える等、ティガとの戦いを通じて前向きに生きている事が示唆されている。

関連タグ

ウルトラマンティガ 超能力者

コメント