ピクシブ百科事典

キングベヒーモス

きんぐべひーもす

キングベヒーモスとはファイナルファンタジーシリーズに登場するモンスター。
目次[非表示]

ファイナルファンタジーシリーズに登場するベヒーモス上位種。

FF2

初登場作品。ラストダンジョンでルーンアクスを守るボスとして登場。FF4TAの真月内ボスラッシュにも登場した。

FF4

GBA版以降の追加ダンジョン「月の遺跡」にて登場。ベヒーモスとは異なり、ミールストームを使用しない。聖属性に耐性を持っているため、聖剣やホーリーは効果的ではない。

FF5

物理攻撃や魔法攻撃に対して物理攻撃やメテオでカウンターする。この作品からメテオを使うようになった。なお、本作に通常の「ベヒーモス」が登場したのは、GBA版以降である。

FF6

世界崩壊後のボスとして登場。一度倒されてもアンデッド化してバックアタックを仕掛けてくる

FF10

シンの体内で登場。HPが0になるとファイナルアタックでメテオを使う。約6000前後のダメージで全滅の恐れがある。よっぽどのことがない限り逃走するのが無難。

FF11

ベヒーモス族のHNM(ハイレベルノートリアスモンスター)
「守りの指輪(被ダメージ-10%)」をドロップするため人気が高い。
当初は、時間ポップかつ抽選ポップだったが、2011年のバージョンアップでトリガーポップに変更された。

FF12

Hランクモブの一体。原作のベヒーモスに近いデザインをしている。依頼人のココミン曰く「ブルオミシェイスで語られる幻妖の森の守護獣」でその伝説が本物か確かめたがっている。2箇所のロケーションのモンスターを全滅させると姿を現す。ちなみに本作の通常のベヒーモスは2足歩行としてデザインされている。HPが160万と非常に多い上に全属性半減と魔法障壁と完全マバリアのオプションを交互に得てこちらの攻撃を無力化する。原作のベヒーモスの防御力を再現している。敵対心を意図的に高めれば切り替える事も可能。本作の魔法は処理落ちが発生しやすい為、物理攻撃で攻めやすくするように工夫をするのがおすすめ。

  • 基本データ
    レベルHPMPちから魔力活力スピード攻撃防御魔法防御回避
    701668491999※5547992110735390

※オプション「消費MP0」により実質無限

報酬はギルとバッカスの酒だけだが依頼人の話を聞いてからある場所を調べると貴重品「フェイスロッド」が手に入る。

FF零式

ベスネル錘乳洞やアギトの塔等に登場。
特にアギトの塔に登場する固体は100体が2体ずつ高レベルで冗談抜きで襲い掛かってくる。
途中でセーブ等による休憩を挟むこともできずFF12版以上に長期戦は必至、
幸いスタン耐性が低いのでキルサイトを狙いにくいシンクでもアースクエイクが有効だがエースで通常攻撃やキャノンレーザーを繰り返せばより安定して倒せる。

サガ2秘宝伝説GOD

追加ダンジョンである「魂の暗域」にて登場。挑戦コース「力を求めるもの」の最終バトルで、クロスバジリスクの大軍を率いて出現し、ベヒーモス同様の力技を得意とする。

関連タグ

ファイナルファンタジーシリーズ モンスター ベヒーモス
キングベヒんもス

関連記事

親記事

ファイナルファンタジーシリーズ ふぁいなるふぁんたじーしりーず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キングベヒーモス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5528

コメント