ピクシブ百科事典

カルコブリーナ

かるこぶりーな

カルコブリーナとは、『ファイナルファンタジー4』に登場するボスモンスターである。
目次[非表示]

『僕らは陽気なカルコブリーナ!』
『怖くて可愛い人形さ!』

『君らを捕まえてゴルベーザ様の手土産にさせてもらうよ!』

概要

FF4

地底世界のドワーフ城にて出現する中ボス。
名前の元ネタは、ダンテの『神曲』に登場する獄卒マレブランケの1人「Calcabrina」。

ドワーフ城の主・ジオット王の娘であるルカ姫の人形がゴルベーザの手によってモンスター化させられたもの。
セシル一行とジオッド王との会話を盗み聞きしてクリスタルの隠し場所を探り当て、気配を察知して隠し部屋へ突入してきたセシル一行を待ち構える。

戦闘突入後は3体ずつ、「カルコ」と「ブリーナ」と名づけられた計6体の人形として登場。
カルコかブリーナどちらかを全滅させると合体し、巨大な怪物人形カルコブリーナとなる。
打撃攻撃が強力な上、麻痺させる「瞳」の攻撃が厄介な、かなりの難敵である。
ただし、カルコとブリーナを同時に全滅させればカルコブリーナを出現させずに勝利することが可能。
簡単な方法としては、「砂時計」系のアイテムでカルコの動きを止めてしまえば合体を阻止できる。注意点として動きが止まっているカルコは最後に叩くようにしよう。
というのも、これは前哨戦に過ぎず、この後で本命との最後の対決が待っているのだ。

それまでのドワーフ城の住人達の陽気さとは反し、イベント突入直前にBGMが止まることでもたらされる静寂の不気味さ、隠し部屋に突入すると同時に閉じ込められ部屋の外に出られなくなる。
出現と同時に不気味なテーマ曲『踊る人形カルコブリーナ』が流れ出すという演出に加え、合体前の人形の姿や、合体後のドット絵の異様な不気味さから、トラウマになった子供達も当時は多かったと思われる。

DS版における戦闘シーンの動画では、文字通り壊れた人形のようなぎくしゃくとした動きで描かれ、不気味さに拍車をかけた。
なお中ボスで独自のテーマ曲を与えられているのは、このモンスターだけであり、何気に優遇されている。ただしこの曲、『かいはつしつ』でエッチなほん(曰く『あいどくしょ!』)を読んだ時にも流れ、「ドキドキしてきた……!」と興奮する様子が拝める。

FF4TA

カルコ・ブリーナ


前作の姿がうそのように美麗なアンティークドール風の2体の人形(男の子のカルコと女の子のブリーナ)として登場、もともとは地上世界と地底世界が交流していた時代に、地上から地底へもたらされた愛玩用人形という設定なので、こちらが本来の姿なのだろう。
技師となったルカの手で自律可能なロボットに改造されており、パーティーの一員としてともに戦ってくれる。
しかし、バンド技(多人数による特殊な大技)を使う事で、前作の不気味な姿で大暴れする勇姿を拝むこともできる

PSP版「FFIVコンプリートコレクション」における旧シナリオでは、FF4TAに近いデザインに手直し。カルコ&ブリーナ及び、同種族の別モンスターとの容姿の差別化が図られている。

FF14


蒼天のイシュガルド」におけるインスタンスダンジョン「星海観測 逆さの塔」のボスとして登場。
星の中心たる星海の観測施設「逆さの塔」を守護する為、シャーレアンの魔道士によって作られた。当初はガーディアンとしての機能一辺倒だった為に頭髪がなかったが「キモい」という理由で植毛され、今の姿になったという。

ツインテールのアンティークドールで、FF4&FF4TAとはまた違った独自のデザイン。オリジナル版と違って両方とも女の子型で、カルコは青、ブリーナは赤のドレスを着ている。
合体後の姿はオリジナル版を踏襲しており、合体前後ともにCGのクオリティも相まってかなり不気味。
また合体前の段階でもかなり巨大なサイズであり、プレイヤーキャラよりも明らかにデカい。これなら人形といえども手ごわいと納得である。

合体前はFF4でも使われた専用BGM『踊る人形カルコブリーナ』のアレンジ版が流れるが、合体後はFF14の方の通常ボスBGMになる。この辺りもFF4のオマージュと思われる。
対象を混乱させる視線攻撃、一定時間無敵になる防御姿勢などで対抗してくるが、極めつけは「人形にな~れ!」でメンバー2名(DPS)をカルコとブリーナに変えてしまう
こうなると操作不能になってしまうが、残りのメンバーが攻撃する事で状態異常は解除される……のだが、その間白目をむいて床に頭突きを繰り返す全体攻撃を連発する。
控えめに言ってものすごく怖い&ちょっと痛い。

撃破後は凄まじいうめき声をあげながら崩れ落ちた後、カルコとブリーナに分離して散り散りに逃げていく。この時宝箱に紛れ込んでいたのを冒険者に発見され、せっかくだからと持ち帰られたという。
これを受け、合体前のカルコ&ブリーナがハウジングで室内に設置できるぬいぐるみとして登場し、これと別にミニオン(お供)として連れ歩くことも可能。こちらは顔つきが普通の人形っぽくなっており可愛らしい。
ミニオンのカルコ&ブリーナが複数近くにいると時折一緒に踊り出すが、何故かマメット・オルトロスも反応して踊ることがある。この際の姿勢は両手を水平に伸ばし、片足立ちで地に付けた方の足に重心を乗せて斜めに体を傾けるという、本家の合体前のポーズを意識したものになっている。

外部リンク

関連記事

親記事

ファイナルファンタジー4 ふぁいなるふぁんたじーふぉー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「カルコブリーナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 204806

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました