ピクシブ百科事典

クロスボーンガンダム魔王

くろすぼーんがんだむまおう

アニメ「ガンダムビルドファイターズ」に登場するガンプラ。
目次[非表示]

概要

機動戦士クロスボーンガンダム」に登場するクロスボーンガンダムX1をベースに、ヤサカ・マオが製作したガンプラ。
ミサキに距離を置かれ、ガンダムX魔王ジュリアン・マッケンジーとのバトルで撃破され失意の底に沈んでいたマオが、珍庵に叱咤される形で作り上げた物(なお、マオとミサキはクロスボーン魔王の製作中によりを戻している)。

ベースこそクロスボーンガンダムではあるが、全面的にガンダムX魔王の機能を継承しており、全身にリフレクトスラスターを配しているのはもちろん、コアブロックシステムを排し胸部にサテライトシステムとサテライトキャノンを設置。バックパックはサブアームを装備したアームパックとリフレクターを搭載したリフレクターミラーユニットの二種類を重ねて装備する。

世界大会を経て製作しただけあって、大会で培ったノウハウを活かした改造が施され、その結果小型機ながらもパワーや汎用性はガンダムX魔王よりも高く、クロスボーンガンダムが元々格闘機であるという事もあり、その豊富な武装からサテライトキャノンのみに頼らない多彩な戦闘が可能となっている。

デザインはガンダムX魔王に続き石垣純哉が担当。
余談だが、機動戦士クロスボーンガンダムの作者である長谷川裕一機動新世紀ガンダムXに設定協力としてカトキハジメと共にクレジットされているが、これは両作のイメージが被る事に対するガンダムX製作スタッフ側の配慮である。
なお、HGプラモデルはオリジナルのクロスボーンガンダムX1に先駆けて発売された。

武装

ビームサーベル

アームパックに装備されているビームサーベルと、胸部ビームバルカン兼用のサーベルの二種を装備する。
アームパック搭載のものはサブアームを利用する事で手に持つ事なく使用することができ、ビームガンとしての機能を有する。

ビームザンバー

粒子加速式の高出力ビームサーベル。
幅広のビーム刃で斬り付ける事でビームが長時間その場に留まり続ける為、敵のビームシールドやビームサーベルを切り裂く事が出来る。

バスターガン

フリントロック型ビームピストル。威力は低いが取り回しと連射性に優れる。
ビームザンバーと合体させることで専用ビームライフル「ザンバスター」となる。

ザンバスター

ビームザンバーとバスターガンを合体させたビームライフル。
クロスボーンガンダム本来の武装。

ヒートダガー

脚部に収納されている小型の実体剣。刃をスラスターの余剰熱を利用して加熱する事で溶断する。
手に持っての使用の他、足の裏から刃を出し敵を蹴ると同時に斬り付ける事も可能。

クロスボーンガン&ソード

コア・ファイターのスラスターパーツをベースに改造した武装。
ビームライフルとビームソード、ヒートソードとしての機能を併せ持つ複合兵装であり、グリップの角度を変更することでライフルモードとソードモードを切り替える。

スカルサテライトキャノン

胸の髑髏に装備されたサテライトキャノン。髑髏の口が開く事で砲口を露わにする。内蔵型に変化した事で手に武器を持ったままでも発射が可能になった。
威力はお墨付きだが、内蔵型になった事で射角が機体前方に固定され、ガンダムX魔王の持つ広い射角と言うアドバンテージを失っている。また、依然としてエネルギーに関する弱点は残っているために連射ができない。
本来モビルスーツの胸にはコックピットが配されているが、胸部に大火力砲を装備する辺りにマオの設定に囚われない自由な発想が垣間見える。尤もデザイン的にはライバル機系列に鞍替えした様に見えなくもないが……。

関連項目

ガンダムビルドファイターズ 機動戦士クロスボーンガンダム
クロスボーンガンダムX1 ガンダムX魔王
ヤサカ・マオ

pixivに投稿された作品 pixivで「クロスボーンガンダム魔王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33519

コメント