ピクシブ百科事典

グラインドブレード

たいけいびそしききかくがいろくれんちょうしんどうとつげきけん

「アーマード・コアV」に登場する武装「オーバードウェポン」の一種。
目次[非表示]

概要

6基のチェーンソーが装着された超大型近接攻撃武器
ゲーム開発初期(タイトルの表記が現在の「ACV」ではなく「AC5」の頃)から公開されており、OWの代名詞として比較的知名度が高い。
他のOWと同様に属性・防御力無視の絶大な攻撃力を持ち、ACは絶対にこの攻撃に耐える事は不可能。他のOWよりも必要チャージ量が少なくて済む分、短い起動時間に反して発動回数を多くしやすい。
突撃時の軌道が地上(特に道路)で使用するとの線を刻むことから、開発段階ではデロリアンという通称名を与えられていた。鳥瞰視点で見てみるとよく分かる。

オリジナルのグラインドブレードの正式名称は「対警備組織規格外六連超振動突撃剣
シティ侵攻の為にレジスタンスの精鋭が作り上げた代物
本来の設定では一度起動すると大破するまで止める事ができない決死兵器となっている。

使用後もパージされた左腕は再装着されず、後の戦闘には大きな支障を来たすため、オーバードウェポンの中でも特にハイリスクなものと言える。
その点でリスクなし、グラインドブレードより広い攻撃範囲を持つマスブレードの影に埋もれがちなのが現状。
しかしながら、多段ヒットによる高威力と他のOWより軽くて小回りが利く所はマスブレードに比べて勝っている。

作中ではストーリーミッションに登場するヴェンデッタヴェンジェンスが使用。
ヴェンジェンスが使用する際にはプレイヤーが使用する時と違い、3分程度の起動時間を持つ。

演出

装備時展開直後突撃時
AC5OP機雪国ver
Vengeance for Fear
GRIND BLADE

グラインドブレード発動時、まず左腕の武器をパージし(キャノンかどうかは関係なく)、その後グラインドブレードが腕にくっつくように稼働する。その後ブレードユニットがラッチで固定されたと同時に左腕をパージし、そこに制御エネルギー用のアームが接続される(この時に例のアナウンスが流れる)。そして左腕から火花が飛び散る中、ブレードが一回展開され、チャージの時にブレードが円状に並び、豪炎を撒き散らしながらドリルのように大回転を始める。そしてフルチャージ後に全てを磨り潰す一撃を相手に向かって打ち込む。壁やACなどに当たると大爆発する。攻撃終了後は再びブレードを展開し、チャージ時にもう1度円状にブレードを並べる。

関連タグ

アーマード・コア ACV
ヒュージキャノン マスブレード マルチプルパルス ヒュージミサイル
男のロマン
ヒュージブレード

pixivに投稿された作品 pixivで「グラインドブレード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 396545

コメント