ピクシブ百科事典

ゲバ文字

げばもじ

フォントの一種。主に労働運動や学生運動などで使用されている。

戦後の新左翼労働運動学生運動などで使用されている独特のフォントゲバ字、トロ字とも。 由来はドイツ語の「Gewalt(暴力)」+「文字」から。
 大きな立看板横断幕などを手書きで製作する為に極力直線基調で、細かい部分が省略されたり(略字)、中国語簡字体を引用したり、音が同じで画数が少ない字に入れ替えられたり、目立つように改変がなされているため独特雰囲気を醸し出す。

発祥

 発祥は、ビラを作成する際に使うガリ版で鉄筆を使って製版する際に細かい文字が潰れる事を防ぐ為であったり、ビラの製作者の筆跡を判別させ辛くして、敵対組織や官憲の捜査の手を逃れるためだったとされる。
 しかしながら、看板やビラの製作は同じ組織の人間が代々受継ぐものである為、組織毎に「微妙なフォントの違い」が出来上がった。
 基本的なルールは、「文字の細かい部分は簡略化する」「線と線の間を広く取る」「多少意味が通り辛くても簡略化や視認性を優先する」「(印刷や看板製作の際に)潰れてもディティールが判り易いように角を強調しバランスを変える」等である。

主な改変例

※簡字体などは環境によっては正しく表示されない場合がある。
 該当する漢字が無い物は「漢字+漢字」「漢字+片仮名」で表記してある。

  • 略字を用いる場合

「労 」→「労」 「 一 回 大 会」→「 一 回 大 会」 

員」→「耳云 員」

  • 略字を用いる場合(2)
一般的に用いられる略字の外に、部首をそのままに一部を音読みの仮名に変えたもの

「増 」→「増 矛厶」 「 止」→「阝ソ 止」

「会 」→「会 言ギ」 「 」→「木キ 木戎

※異字や略字は昭和期までは、左派活動家以外でも一般的に使用されていた点は留意すべきである。
 かしながら、明らかに普通の人は使わない略字もある。


  • 簡字体を引用する場合
主に毛沢東思想に沿った組織で使用されたとされる。

「ス ト ス ト」→「 ス ト ス ト 」 

争 反 対」→「 争 反 対」

  • 音が同じで画数が少ない文字に入れ替える場合

争」→「 争」 「万 」→「万


似た改変は、高い視認性が求められる高速道路の看板などにも見られる。
しかし、高速道路の看板は高度な規格化がなされている為によく観察しないと略字である事に気付けない事が多い。

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲバ文字」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 558

コメント