ピクシブ百科事典

ゲルダ・ネビリム

げるだねびりむ

ゲーム及びそれを原作としたアニメ「テイルズ・オブ・ジ・アビス」の登場人物。
目次[非表示]

CV:鈴木麻里子(ゲーム)(ネフリー・オズボーンとの兼役) / 永吉ユカ(TVアニメ)

人物

第七音譜術士であり、先代の導師・エベノスと共に創世暦時代の強力な譜術と惑星譜術の研究に携わっていたが、研究を途中で断念し、故郷のケテルブルクで私塾を開いていた。
アニメ版の外伝漫画である『追憶のジェイド』での「『魔将』という二つ名で神託の盾騎士団師団長を勤めていた」点や原作(ゲーム)での導師イオン六神将がロニール雪山にて魔物や雪崩で多くの教団員を死なせてしまった」という発言(実際は惑星譜術実用実験の失敗)などから推測するに、かつては六神将の一人だったのではないかと思われる。

ジェイドネフリーサフィールピオニー教師だった。
後述の件により、サフィール・ワイヨン・ネイスマルクト帝国からダアトに亡命し、レプリカ研究に没頭し、躍起になる理由となった人物。

肩まで無い白髪白衣が特徴。
教師として生前は普通の人間であり、ジェイドも尊敬していたようだが、素養のない第七音素を無理に使い暴走させた彼を庇い瀕死の重傷を負う。
しかし……

レプリカネビリム

ジェイドが生み出した世界初の『生物』レプリカ(それよりも以前にジェイドは人形のレプリカを作り出しているので、厳密にはレプリカ自体としては世界初という訳ではない)。
ネビリムが瀕死に陥った際に、幼いジェイドは自身が考案したレプリカ技術を駆使してネビリムをレプリカとして復活させようと試みたが、初期のレプリカ技術の副作用から、生まれたのは人格破綻した全くの別物であり、ネビリムの皮をかぶった怪物であった。
オリジナルの肉体を用いて生み出されたレプリカ故か、言葉を話せるだけの知性を併せ持ちオリジナルの記憶も受け継いでいるようだが、その本質は破壊衝動の塊が人の形を取っているだけでしかなく前述のようにネビリムとしての人格は破綻しているに等しい。

現在のレプリカには第七音素が使用され、オリジナルより劣化しながらも安定したレプリカが生み出せるようになったが、初期のレプリカには六つの音素が使用されており、この技術では能力の偏りからオリジナルよりも強力な戦闘力を持つ反面、精神が不安定になり人間らしい道徳心が極端に欠如したレプリカが生まれてしまう。

レプリカネビリムは元々非常に高い戦闘力を持っていたオリジナルを更に上回る強さを持つが、性格は残虐でモンスターそのものであった。ジェイドが処分に失敗し逃げ出し、音素を安定させるために偶然にもオリジナルがかつて研究していた雪山の奥に隠された惑星譜術の力場に身を寄せ、それでも足りない音素を補うべくマルクトで譜術士を殺して食べまわっていた。彼女の討伐に向かったマルクト軍の一個中隊をたったひとりで壊滅させるが、当時の老マクガヴァンによって惑星譜術の力場と触媒を利用した封印を敷かれ、封印されていた。
しかし譜陣はディストによって書き換えられており、さらに触媒となる武器を正しい位置に配置する事で封印が解けるようになっていた。
触媒武器を全て手に入れ譜陣の元へ辿り着いたルーク達の前に現れたディストは、そこにネビリムが封印されている事を知らない一行に譜陣を発動させるよう促す。
そして封印が解放された時、そこに現れたのはかつてジェイドが初めて生み出した生物レプリカであった____。

本編中では名前のみの登場だが、通称『ネビリムイベント』と呼ばれているサブイベントで対面する。裏ボスという形で会うことができ、今作最強のモンスターでもある。使用する術技はパーティメンバーのいずれかが習得するものが多い。難易度アンノウンでは非常に面倒なステータスに上昇し、普通に育てているだけでは物理攻撃が全く効かず譜術による攻撃がダメージソースとなってしまう。
北米版・3DS版では使用する秘奥義は「タイムストップ」を含め8つで、シリーズでも他に類を見ない数である。またそれぞれカットインも異なっており、元の使用者のカットインと構図が似ている。

関連イラスト

タグとしてはネビリムと付けられているものが多く、また、生前の姿よりも『レプリカネビリム』として描かれるものの方が多い。

ネビリム
スノードーム


世界を二人にプレゼント
ネビリム



関連タグ

テイルズオブジアビスTOA
マルクト帝国 ダアト

関連人物

ジェイド・カーティス ネフリー・オズボーン サフィール・ワイヨン・ネイス死神ディスト) ピオニー・ウパラ・マルクト9世

外部リンク

ゲルダ・ネビリム -TVアニメ『テイルズオブジアビス』

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲルダ・ネビリム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2928

コメント