ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ゴッドバードアタック

ごっどばーどあたっく

遊戯王OCGに登場する通常罠。自分フィールド上の鳥獣族モンスター1体をリリースし、フィールド上のカード2枚を選択して破壊する。
目次 [非表示]

もしかしてゴッドバード勇者ライディーン


概要

ゴッドバードアタックは、遊戯王OCGおよび遊戯王ラッシュデュエルに登場する罠カードである。


カードテキスト

OCG

通常罠

(1):自分フィールドの鳥獣族モンスター1体をリリースし、

フィールドのカード2枚を対象として発動できる。

そのカードを破壊する。


ラッシュデュエル

罠カード(LEGEND)

【条件】相手がモンスターを召喚・特殊召喚した時、または相手が魔法カードを発動した後、

自分フィールドの表側表示モンスター(鳥獣族)1体を墓地へ送って発動できる。

【効果】相手フィールドのカードを2枚まで選んで破壊する。


解説

通常罠。自分フィールド上の鳥獣族モンスター1体をリリースし、フィールド上のカード2枚を破壊する除去カード。鳥獣族のサポートカードの一枚。

鳥獣族モンスターが攻撃宣言された時に攻撃相手や他のカードと巻き添えにしたり、

特殊召喚を妨害、特にシンクロ召喚しそうな素材モンスターが2体並んだ時点で破壊したり、伏せカードの除去として使ったりと汎用性が高い。

カード2枚を使って1枚を除去するサンダー・ブレイクよりコストパフォーマンスの面では勝る。


ただしデメリットも多少存在する。破壊する時には、必ず2枚のカードを選択する必要がある。

相手フィールド上にカードが1枚しかない場合には自分フィールド上のカードを何か破壊するしかない。

2枚選択できない場合はそもそも発動ができない。

発動したこのカード自体は選択できないため、リリースする鳥獣族モンスターとこのカード以外にフィールドにはあとカードが2枚以上存在する必要がある。

ただし、発動された通常魔法や通常罠も対象に取ることができるため、それらの発動にチェーンして発動し、それを選択して破壊できる。


しかし、スターライト・ロードの発動条件を満たすため、このカードで対抗されると効果を無効にされた上にフィールド上のモンスター1体を失い、相手の場にはスターダスト・ドラゴンが出てくると散々なことになる。


登場した当時に存在した鳥獣族デッキといえばハーピィ・レディデッキ程度だったが、後に強力な鳥獣族モンスターが登場したことで評価を上げていき、BFデッキが流行したことで一気にメジャーとなる。

その後は、BFの下級モンスターへの規制や、エクシーズ召喚導入といった環境の変異によって、次第に大人しい存在となった。

一応、霞の谷とそこそこ相性のいい新規ハーピィやRR登場などの際に、時折活用されている。


17年の時を超えて、ラッシュデュエル版も登場した。

大きな違いはレジェンドカードの1枚であり、効果の内容も色々と細部で異なっている。

大きな違いはフリーチェーンの概念がラッシュデュエルには存在しないため、発動タイミングが存在する。

そのため、相手の行動に対する条件でOCGに近い内容を設けているものの、発動前の除去を狙われるというリスクが付いている。

代わりに、破壊するカードは相手フィールドかつ2枚「まで」となったので、相手フィールドのカードが1枚でも使える点などで融通が利きやすくなっている。


関連イラスト

ガスタの谷のカームさん  その3ゴッドバーカアタック

関連タグ

遊戯王OCG 罠カード 鳥獣族

ゴッドバード ガスタの谷のカームさん

関連記事

親記事

通常罠 つうじょうとらっぷ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77409

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました