ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「わたし…… 残酷ですわよ」

概要

全2話。短編集「ゴージャス★アイリン」に収録されている。
化粧によって姿を変える美しき暗殺者・アイリンの活躍を描く。

連載には至らなかったものの、当時作者が最重要視していた「サスペンスのスタイル」と「個性のある絵柄」の確立に大きな役目を果たし、「魔少年ビーティー」「バオー来訪者」と同様、後に描かれる「ジョジョの奇妙な冒険」の布石となった重要な作品である。
特に絵柄はジョジョ第1部に直結するもので、キャラクターデザインも後の作品での登場人物を彷彿とさせるものが見うけられる。また名前の元ネタに洋楽を使うというやり方も本作から始まった。

登場人物

  • アイリン・ラポーナ
絵柄でお題ったー


1話で変身した時のポーズ。しばしばパロディのネタになる。

主人公。暗殺者の家系であるラポーナ家の末裔の少女。16歳。
普段は人を疑うことを知らない純粋でおとなしい乙女だが、その性格は「暗示にかかりやすい」という特性の裏返しであり、化粧をすることによってその人格を自在に変えることができる。
殺しを行うときは「戦いのメイク」(メイン画像の姿)を施し、精神の作用により彼女の肉体をも美しく変化させる。
つけ爪を飛び道具として使う他、催眠術を得意とし、ダンスと香水の香りによって敵に暗示をかけて自滅させる『死の舞踏(ダンス・マカブル)』が最大の武器。
殺し屋としての報酬は「友情」であり、自らの孤独を晴らしてくれる者に対してのみ仕事を行う。

  • 召使い(じいや)
アイリンに付き添う召使いの老人。ナイフ術を心得ている様子。
アイリンを裏切る者を許さず、依頼者に対し彼女に嘘をついた時は殺すと脅している。2話の冒頭で刺青の女に殺された。

  • 洋服屋の息子
1話でアイリンに仕事を依頼した青年。親をローパーに殺され、その仇討ちを願った。

  • ローパー
裏の社会を牛耳る大女。巨大なチェーンソーと刃物のように尖る「特殊ガム」を武器とする。

  • マイケル
暗黒街ハーレムに住み着く不良少年。身寄りをなくしたアイリンを保護した。
その風貌は少年時代のジョナサン・ジョースターに酷似している。

  • 刺青の女
アイリンを抹殺しにきた刺客。背中に手を描いた刺青があり、それを立体化させてもう一つの腕として使う『刺青化幻掌(ファンターミイム・タトゥー)』が得意技。
刺青の正体は本物の第三の腕とそれを覆う無数の人喰い蟻であり、それを敵に飛ばす『刺青舞宙弾(ビュレラン・スペーシン・タトゥー)』も使う。彼女自身は身体に薬品を塗っているため喰われない。

余談

  • ジョジョ第1部の冒頭には、少年時代のディオが読んでいる本のタイトルが「GORGEOUS IRENE」であるという小ネタがある。
  • 第6部のラストでは、一巡後の空条徐倫アイリンという名前で登場している。


関連イラスト

アイリンお嬢様
わたし、残酷ですわよ



関連タグ

荒木飛呂彦
魔少年ビーティー バオー来訪者 ジョジョの奇妙な冒険

関連記事

親記事

荒木飛呂彦 あらきひろひこ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴージャス★アイリン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67209

コメント