ピクシブ百科事典

ササラ電車

ささらでんしゃ

北海道の路面電車で使用されている除雪車両。
目次[非表示]

概要

札幌市電函館市電で使用されている路面電車除雪車のこと。
名前の由来は車両の前後に取り付けられている竹製のブラシであるささらで、それを束ねたものを回転させて除雪する。
札幌市電での正式名称は「ロータリーブルーム式電動除雪車」という。

その構造は開発当初からほとんど変わっておらず、一時期ササラの代わりにワイヤーブラシやナイロン製の箒を使用したこともあったそうだが、十分な除雪効果と、アスファルトを傷つけにくい観点から現在でも竹製のササラが使われている。
車内には前後に取り付けたササラを駆動する専用のモーターが積まれており、進行方向の左側に雪を掃き除ける為に回転軸がやや左に傾けられている。
確実に雪を掃く為に、車体には死重も載せられている。

ササラ電車一覧

札幌市電

札幌では、ササラ電車の準備が例年10月の中旬に行われ、11月~12月にかけて初出動しニュースにもなり冬の訪れを知らせる風物詩となっている。なお、2015年に開業したループ区間(西4丁目~狸小路~すすきの)では、歩道側に線路を敷いた関係でササラ電車を使用することができない(歩道に雪を飛ばすことになる)ため、ロードヒーティングで対応している。
・雪1形
ササラ電車を代表する形式。2軸型の電動客車を改造して誕生した車両。現在は車体を鋼体化された3両が現役。ゼブラ模様の車体が目立つ。
また、鋼体化されなかった1両が札幌市交通資料館に保存されている。
・雪10形
平成11年に上記雪1形を改造して1両が登場した新型ササラ電車。(サムネの車両)
それまでチェーン駆動だったブルームが油圧式になっており、また、凍結した路面を砕くための装置も搭載している。
・雪20形
2019年に20年ぶりに1両が新製されたササラ電車。
ブルームの駆動方式が永久磁石式モーターを使用した電動式となり、より排雪能力が強化された。

・DSB1形
かつて存在した非電化区間用のササラ電車ならぬ「ササラ気動車。「DSB」とは「ディーゼル・スノー・ブルーム」の略。
気動車であることを生かして、変電所に余裕のないラッシュ時には電化区間でも用いられた。
現在は1両が札幌市交通資料館に保存されている。

函館市電

・排形電車
札幌と同じくかつて旅客車として使用していた車両を改造した車両。全部で6両が改造されたが、現在は排3号・排4号の2両が在籍。
また1両は観光用に箱館ハイカラ號に再改造されている。
積雪が少なくなった現在では除雪トラックによって代替されるようになり、降雪量が多いときにのみ運転されていたが、最近では出番が増えている。
特に2017~2018年の冬は函館で記録的な豪雪だったため、現体制で過去最大の出動回数となったが、それでも除雪が追い付かず、運休になったこともある。

また、2003年と2007年には愛好家による貸切運転も行われている。

そのほか、旭川電気軌道にも存在していた。

関連タグ

路面電車 札幌市電 函館市電 除雪車

関連記事

親記事

札幌市電 さっぽろしでん

pixivに投稿された作品 pixivで「ササラ電車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36756

コメント