ピクシブ百科事典

旭川電気軌道

あさひかわでんききどう

北海道旭川市に本社を置くバス会社

かつては路面電車事業を行っており、2路線を運行していたが1972年に廃止されている。軌道事業廃止後も社名が変わっていない。このように鉄道・軌道事業廃止後も社名に鉄道を連想させる単語が含まれている例は岐阜県東濃鉄道などがある。

車両

三菱ふそう日野UDトラックスいすゞの4メーカーの車両を導入している。古くから全長11mクラスの長尺車が多く在籍しており、1963年から1978年にかけて全長12m・前輪2軸・定員110名という長大車である三菱ふそうMR430型(呉羽車体)が在籍していたが、このMR430型は国内では名古屋鉄道自動車事業部国鉄バスにしか導入されなかった希少種で、呉羽車体製を導入したのは旭川だけである。

1987年より道内の路線バスで初めて新車の冷房車の導入を開始。90年代に入ると神奈川中央交通で廃車された中古車を100両以上購入し、7割以上の車両を冷房化。道内路線バス事業者随一の冷房化率となった。2015年現在は在籍車両全てが冷房車である。

1997年にはエアロスターノンステップを新車で導入。これは日本におけるノンステップバス黎明期に、10台というまとまった台数を、積雪地で初めて導入したという稀有な例で、バス雑誌等で話題になった。以後積極的にノンステップバスの導入を進め、2011年3月末日時点でノンステップ車が175台中81台を占めているが、ワンステップ車の導入は遅く2013年になってから。

軌道事業

宗谷本線旭川四条駅から東川駅までを結ぶ東川線と東川線旭川追分駅から分岐し、旭山公園駅までを結ぶ東旭川線を運行していた。貨物輸送も実施していたが、廃線まで機関車を持たず、電車が貨車を牽引するスタイルだった。
線路は一部を除き道路の路肩部分に敷設され、郊外電車のような雰囲気を呈していた。なお車両は路面電車規格の小型電車ではなく、一般的な鉄道規格の大型車が運用されていた。大型車であってもステップは設置されておらず、道路中央にある駅であってもプラットホームが設置されていた。

pixivに投稿された作品 pixivで「旭川電気軌道」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 321

コメント