ピクシブ百科事典

サバンナシマウマ(けものフレンズ)

さばんなしまうま

『けものフレンズ』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:野中藍(アプリ版)/-(アニメ版)

ウマ目ウマ科ウマ属サバンナシマウマのフレンズ。作中では基本「シマウマ(もしくはシマウマちゃん)」と呼ばれている。

膝まで伸ばしたストレートヘアーとパッツン前髪が印象的な少女で、髪、ネクタイ、スカート、タイツ…など、各所がシマウマ特有の白黒の縞模様になっている他、獣耳や尻尾の他に、頭頂部がた伸びたアホ毛でシマウマの鬣が表現されている。

アプリ版

ジト目に三角形の口をしたどこかぼんやりした雰囲気の女の子。
自身の縞模様の由来をあまり理解していないようで、それについて聞かれた時の答えも「なんとなく」。

ゲーム内ではレアリティ☆2のピュア属性で、攻撃タイプは近距離型。
グループは無所属。
所有スキルは先頭の敵1体に攻撃力の4.5倍のダメージを与える「妙技 ピカピカちょっぷ」。

アニメ版

第1話に背景(モブ)として1シーンだけ登場。台詞が無いためCVもなし。
かばんさばんなちほーを案内するサーバルに、草むらに紛れていたところを発見されるが、すぐに姿を隠してしまった・・・

・・・というのが劇中の描写の意図なのだが、実際のアニメの場面はシマウマの姿が草に隠れて後頭部しか映っていなかった&本来頭部の天辺ある筈のアホ毛無かったせいで分かりづらい画面になってしまい、一部の視聴者の間ではサーバルたちと同じフレンズのキャラクターが映っていたとすら認識されず、代わりにナメクジのような良く分からない生き物と理解されたせいでサバンナシマシマオオナメクジなどと呼ばれてネタにされることになった。

この件はスタッフ間で反省があったらしく、2017年4月29日開催のアニメ版制作スタッフトークショー「第1回 フレンズの会」では作画監督の伊佐佳久が「シマウマには悪いことをした」と発言、たつき監督も「いつかちゃんとモデルにしてあげたい」「作画監督が言うならいつか作り直してくれるでしょう」と語った。
たつき監督は2017年5月27日にニコニコ生放送で行われたアニメ版けものフレンズ全12話一挙生放送に参加した際にも、シマウマの登場シーンでナメクジ扱いする視聴者コメントが流れるのを見ると「oh・・・」と後悔が窺えるコメントを投稿した。これをうけて現在では視聴者も同じシーンやシマウマ、オオナメクジについての話題の場で「oh...」と反応する有様。

サバンナシマウマちゃんとサバンナシマシマオオナメクジちゃん


関連タグ

けものフレンズ フレンズ(けものフレンズ)
シマウマ サバンナシマシマオオナメクジ

pixivに投稿された作品 pixivで「サバンナシマウマ(けものフレンズ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 281076

コメント