ピクシブ百科事典

サモエド

さもえど

中央シベリアを原産地とする犬の品種のひとつ。
目次[非表示]

詳細はWikipedia:サモエドを参照

概要

名称は、中央シベリアの広範な地域に暮らしていたサモエド族に由来する。
サモエド族は橇犬・番犬猟犬などとして使役し、住居テント内で暖を取るため一緒に寝るなど生活を共にしてきた。
典型的なスピッツ系の体形をしており、シベリアン・スピッツとも呼ばれる。
体格のわりに食事量が少なく、極地探検の橇犬にしばしば起用された。
ネネツ地方のネネツ・ライカとよく似ており、19世紀後半にイギリス輸入された当時は黒や茶色のものがいたが、品種改良により白色に固定された。
被毛は厚く、立ち耳で巻き尾。

口角が上がっているため微笑んでいるように見え、「サモエドスマイル」と称される。

体高:48〜60cm
体重:16〜21kg

関連タグ

ノーマルタグ

 動物 ペット スピッツ
日本スピッツ - ジャーマンスピッツと本種を交配した上で小型化したという説がある。

サモエドのキャラクターなど

ほかにあれば追加お願いします

pixivに投稿された作品 pixivで「サモエド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62676

コメント