ピクシブ百科事典

ズ=チェ=クォン

ずちぇくぉん

ズ=チェ=クォンとは、クトゥルフ神話に登場するグレート・オールド・ワンの1体である。

概要

初出はヘンリー・カットナーの『恐怖の鐘』。
ズシャコン、ズルシェクォンとも表記される。
この存在は地球上に顕現する前兆として、気温の低下や地鳴りを発生させる。
ズ=チェ=クォンが顕現してしまった場合、その地域が深い闇に覆われると同時に、生活する人間等の動物は、眼球に耐え難い苦痛に襲われ、それから逃れたい余りに自ら眼球を潰すか、もしくは抉ってしまう。
しかし、自ら眼球を損なった生物は、苦痛から解放された為か、一様に高揚と幸福に満ちた風な空気を醸す。
劇中でも、主人公は眼球が苦痛に襲われると同時に「光を否定しろ、暗黒に身を委ねよ」と言う、不気味な啓示に晒され、眼球を自傷し掛けた。

周辺地域を闇に覆ってしまう上に、生物の視覚に直接的な悪影響を及ぼす為か、ズ=チェ=クォンには明確な外観の描写は一切ない。


関連タグ

クトゥルフ神話

コメント