ピクシブ百科事典

セキュリティ対策ソフト

せきゅりてぃたいさくそふと

パソコンにインストールし、ウィルスを監視・駆除するためのソフトウェア。アンチウィルス、ワクチンソフトとも呼ばれる。
目次[非表示]

概要

別名をアンチウィルス、ワクチンソフトなどと呼び、パソコン内に侵入したウィルスを検出・監視・駆除するためのソフトウェア。現在の社会においては必須とも言える。

以前は、Windowsのウィルスが多く、Macはセキュリティ対策ソフト無しでも安全だったが、今日ではMacも攻撃のターゲットとして狙われるため、注意が必要。

注意事項

大半のウィルス対策ソフトは同時に使うことはできない。
同時に使用すれば、互いに競合や干渉などを起こし、パソコンを不安定にさせるからだ。
しかし、今では、インストール時に他のウィルス対策ソフトをアンインストールさせるよう促されるため、同時使用になる可能性は低い。

検出方法

大きく分ければ2種類ある。

ブラックリスト型

ウィルスをパターンファイルと照らし合わせて検出する。市販されている製品の9割以上はこれ。ユーザーは特にこれといった操作をしないでいいため、楽である。
なお、パターンファイルを用いるため、パターンファイルのないウィルスは検出できないのが欠点。

ホワイトリスト型

ブラックリスト型と対をなす方法。こちらは全てのプログラムをブロックし、安全性が確認できているプログラムだけをホワイトリストに追加する。
なお、実行できるのはホワイトリストに登録されているプログラムだけなので、安全性が高い。
しかし、パソコンに関する高度な知識が必要になるため、初心者向けではない。

種類

ブラックリスト型

Avira
Avast
AVG
Norton
kaspersky
McAfee
Windows Defender
ZEROウイルスセキュリティ
ZEROクラウドセキュリティ
ZEROスーパーセキュリティ
ESET
ウイルスバスタークラウド
G DATA
ウイルスイレイザー

ホワイトリスト型

PC Matic
ハミングヘッズ Dep

関連項目

コンピュータウイルス

コメント