ピクシブ百科事典

セフィクラ

せふぃくら

セフィクラとは、『FINALFANTASYⅦ』の腐向けカップリングタグ。
目次[非表示]

「俺は消えたくない。お前を…消したくはない」

概要

FINALFANTASYⅦ』の登場キャラクター、セフィロスクラウド・ストライフの腐向けカップリグタグ。

本編よりも、むしろ派生作品の方がセフィクラを拡大させたといっても過言ではない。
更にリメイク発売でスタッ腐が手掛けた公式という燃料が続けて投下され、当時のプレイヤーやお姉さま方、そして新たな腐女子が急増した。

二人の関係は宿敵同士。
元は神羅カンパニーに所属していたがニブルヘイム事件により運命が劇的に変わる。
セフィロスは英雄から破壊神へ、クラウドは一般兵から英雄となる。
同じジェノバ細胞を宿す二人はオリジナルとそのコピーであり、お互いに特別な関係である。

主人公と宿敵の組み合わせなので容姿を含めた設定など対照的。
揃って公式公認の美形でセフィロスは男性的、クラウドは女装すれば絶世の美女に変身する中性的な美男子である。
二人の年齢差は正確な数字は不明。
セフィロスの誕生時と後付け設定の整合性が合わず、外見年齢は二十代後半なのでクラウドと約十歳差はあると思われる。
セフィロスの身長は約2mでクラウドは173㎝。そして銀髪のセフィロスに金髪のクラウド。
メビウスFFではセフィロスの去り際の演出が「黒い羽」に対してクラウドは「白い羽」となっている。

pixivの主な投稿作品

小説では全体的な割合だと意外と本編が少なく逆行、神羅時代、未来譚が占めている。
公式でのセフィロスのご執心ぶりからどの作品でも彼の愛は深く、重い

逆行

スパコミポスカ[腐]


クラウド(逆もあり)が過去を遡り、発狂前のセフィロスと災厄の運命を変える物語。クラウドが既に強化済と無力な2パターンがある。
逆行以前にクラウド自身が渡る前から不老者で、様々な体験から色々なスキルが高い
FF7ではクラウドが神羅時代のセフィロスとの対話が少なかったので、改めてセフィロスの人間性を知る事で二人の絆が深まっていく。
そしてセフィロスが狂う一因にもなったアンジールジェネシスと絡ませる展開が多い。
純愛もあればコメディなど多岐にわたる。ちなみに両者共に逆行している事も。

神羅時代

セフィクラ


二人が神羅カンパニーに所属していた時期が書かれた妄想記。
1stソルジャーのセフィロスと一般兵クラウド。
当時クラウドは14~16歳という思春期真っ盛りの雛チョコボ。セフィロスとの年の差・体格差・身分差・力の差が半端ないオフィス・ラブである。未成年保護法?…英雄の理性に委ねよう
注意点はFF7での二人の初めての対面はニブルヘイム調査であり、実際の会話は少ない。なのであくまでパロディである。
コメディもあれば純愛、またはシリアスも。後にニブルヘイム事件が起こるので確実に悲恋を迎える。しかし逆行で運命を変えれば問題はない。

AC後の未来譚

S♡C


設定は様々だが、セフィロスが地上に実体化している。そしてクラウドと同じ不老設定で進行する星の未来譚。
クラウドは仲間達と死別し、かつての宿敵であるセフィロスと共に各地を渡り余生を送る。
オリジナルとコピー。星で唯一無二の二人は、いつしか惹かれあい伴侶として寄り添うようになる。シリアスで純愛が多い。

二人の関係(ネタバレ閲覧注意)

無印(FF7)

二人の運命が交差したのはニブルヘイム調査から始まる。
セフィロスは神羅屋敷で「ジェノバ・プロジェクト」を発見し、己の正体を知ってしまう。それは彼自身の人間性を崩壊させ、母であるジェノバと共に人類を滅ぼそうと目論みニブルヘイム村の住人を怒りのままに惨殺した。
クラウドは憧れのセフィロスに故郷を焼き払われ、ザックスと彼の暴走を止める。しかしセフィロスはジェノバの頭部を抱えてライフストリームに落下し生死不明に。
クラウドとザックスは神羅に捕獲され、セフィロスコピーの実験体となる。

クラウドは宝条によりジェノバの細胞を移植され、肉体的な意味では成功したが魔晄の適正率の低さから重度の精神崩壊を起こしてしまう。
五年後、ザックスと共に研究所から脱出。ザックスは追っ手からクラウドを庇った末に射殺される。しかしクラウドは実験で失敗作と見做された為に放置され生き延びる。
独りとなったクラウドはジェノバ細胞の効果でザックスの記憶が混合した状態で目覚め、物語が開始する。

一方でライフストリームに落ちたセフィロスは、星の知識を吸収し「ジェノバ・プロジェクト」の真相を知るが、星の災厄「ジェノバ」の力と「古代種」の知識を得た彼は「神」になる野望を抱く。
そして力を得るべく各地にバラまかれたジェノバの破片や宝生が作り出したセフィロスコピー達を利用し暗躍する。クラウドも、セフィロスにとって数多の人形に過ぎなかった。
しかし、森羅屋敷や最終戦でもクラウド=一般兵に敗れてしまった事実は英雄で破壊神となったセフィロスにとって大きな衝撃であり、この戦いを境にクラウドへの偏執的な執着が始まるのであった。
そのご執心っぷりは後の派生作品やリメイクで確認できる。

セフィロスとクラウドの関係性がよくわかる作品

【FF7】英雄とクラウドさんの因縁【ネタバレ】



リメイク版

この作品はFF7二週目の説があり、セフィロスを含む一部のキャラクターが一週目の世界を知っている上で行動している。
変化の一つとしてセフィロスが前作以上にクラウドに接近し、親身になっている
FF7では神になる野望を成就すべくセフィロスは影で暗躍し、クラウドは黒マテリアを入手すべく利用したコピー人形に過ぎなかった。だが、今作では星を守るべく行動しており、クラウドの前に現れては煽るようにみせかけて導くようなセリフを残している。

我々を繋ぐ絆の喪失は私自身の死よりも耐え難い」

と本人に告げており、既にクラウドとの繋がりはセフィロスにとって自分の生命以上に大切なものとなっている。

「俺は消えたくない…お前を消したくはない。お前の力が必要だ、クラウド。ともに運命を抗ってみないか?」

二人が世界の先端に足を踏み入れたとき、セフィロスはジェノバ細胞を利用してクラウドを操ることなく、手を伸ばして自ら協力を求めている。「俺」と呼称しているのも、かつての英雄の男が体だけでなく心もクラウドを欲しているのかがわかる。
クラウドはセフィロスの己を案じる言葉や触れた手に困惑したが母や故郷を葬った彼の誘いに当然頷くはずもなく、拒否した。

セフィロスがクラウドを大事に想う一方で……仲間にはかなり辛辣。クラウドとの一対一の戦闘では挑戦的に楽しそうに微笑むが、仲間が加わると無反応。特にティファにのみ過激な暴言を吐く。

ティファにのみ過激な暴言を吐く(二回目)。

邪魔だ」「失せろ」「消えろ

ティファからしてみたら謂われはない悪態で筋違いにも甚だしいのだが…。
推測するに、セフィロスが一週目の世界を知っているからこそ、ティファとクラウドの絆を疎ましく感じているのかもしれない。つまりは嫉妬

ちなみにアパートではセフィロスがクラウドを押し倒す、というヒロイン二人を押しのけてやってのけた
(クラウドはまさか部屋にセフィロスが侵入するとは夢にも思わず剣をドアにひっかける凡ミスを起こしている)

共闘セフィクラ


セフィロスが理想するのは共闘。次章では果たして望みは叶うのか…。

英雄を狙う元英雄

以下、本編のネタバレも含まれるので注意。
セフィロスはニブルヘイム事件が起こるまで英雄として素晴らしい人格者であった事を前置きとした上で記述する。

セフィロスといえば「英雄」と称され、まさに生ける伝説として各地に名を馳せていた傑物。
後に悲惨な事件が重なった末に「悲劇の悪役」になり果ててしまった彼だが

なんと、Twitterやネット検索で「セフィロス ストーカー」が上位ランクインした。

本編ではむしろクラウドがセフィロスを追う側であったのだが、完全に立場が逆転している。
一体何故、輝かしい経歴を持った英雄(元)が世間にこのような認識をされてしまったのかというと、理由はFF7終了後に制作された派生作品にある。
以下、台詞集(一部のみ)。

「受け入れろ。お前を導くのは私だ」

「クラウド、お前の血には私の意思が溶け込んでいる…」

「私はいつでもお前のそばにいる…」

「お前の最も大切なものは?それを奪う喜びをくれないか」

「良い子だ。帰ってきたな。私のもとへ」

FF7後ではクラウドによって二度倒された彼は、死を意味するライフストリームの中でも変わらず強靱な精神力で自我を保ち続け、クラウドとの再会を待ち望んでいた
その執念は派生作品(異世界)でもセフィロスの心を占めており、クラウドと戦闘しても命を奪う気は全くなく、むしろ引き込む事を目的とするようになった。
なのでクラウドの敵意はセフィロスにとって自分のものにする絶好の機会なので彼との戦闘は歓喜以外の何でもない。
しかもクラウド本人の否定や行動も全く意に介さず曲解して前向きに受け取る
セフィロスの「良い子」は自分の希望通りに現れたクラウドを指しているのである。

FF7R


メビウスFFでは己の手で人形と化したクラウドにセフィロスが喜びのあまり頬ずりする。しかもクラウドが敗れると珍しく怒りを露にする。

このように思考回路がクラウド一色になってしまったセフィロスが、世間にストーカーと思われてしまうのも仕方がないと思われる。
ちなみにご察しの通りセフィロスの一方的な片思いであり、クラウド自身は天敵という意識でリユニオンの(一つになる)気は一切ない。

だが、セフィロスは倒しても倒しても何度でも復活する

しかも、クラウドの肉体に宿るセフィロスの細胞による不老の可能性が浮上。
本編で断言はされてはいないが、仮に実証された場合クラウドが地上で生き続ける限り永久にセフィロスに狙われる、という無限ループが確立する。

リメイクでは一週目の世界を知っているセフィロスが…つまりは最初からクラウドにクライマックスの状態で物語が進行する。
なので、二人の接近描写はFF7や派生作品以上。そして、比例するかのようにセフィロスのクラウド以外の人間には前作以上の無関心塩対応。それどころか一部(ティファのみ)には過激。
セフィロスが好意的に意識するのはやはりクラウド一人なのである。

ジェノバの主従関係を逆転させる程の意思の強さを持つセフィロスなので、クラウドへの執着心を捨て去る事はないだろう…。

とにかくセフィロスはクラウドを求めてやまないのである。

余談

今日はシチューね!


・クラウドの母、クラウディアは素直だが内気な息子には年上で、ぐいぐいと引っ張ってくれる人を理想の相手と考えていたりする。
引っ張るどころかずるずると引きずり込もうとしてる年上の人(英雄)が現れるとは夢にも思わなかったに違いない。

・ティファ「なんて冷たい人だろう…」
後にクラウドと同じく親や故郷を焼き払われるのだが、当時のセフィロスはやや不器用ながらも優しさを兼ね備えた理想的な英雄であった。そんな彼が記念撮影に応じたのにも関わらず、ティファのセフィロスの印象は何故か宜しくない。
そして、リメイクでのセフィロスのティファへの態度は無慈悲極まる。
後にも先にも、セフィロスとティファは相性が悪いらしい。双方、クラウドと深く関わるので必然ともいえるかもしれない。

関連イラスト

のばら
翼のゲーム


クラウド人形ED
セフィロスとクラウド




関連タグ

ファイナルファンタジー7 セフィロス クラウド・ストライフ FFBL 腐向け
リユニオン

関連記事

親記事

FFBL ふぁいなるふぁんたじーびーえる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「セフィクラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6855804

コメント