ピクシブ百科事典

ソニックインターセプターブラックマックス

しっこくのそにっく

ソニックインターセプターブラックマックスはアニメ『トミカハイパーレスキュードライブヘッド~機動救急警察~』に登場するドライブヘッドの一体。
目次[非表示]

概要

 19話より登場する黒いドライブヘッド

 その正体は機動強襲警察ハイパーアタックに所属する緊急用可変ウォーカービークルで、専用車両『ソニックメガバイパー』とローダーが合体する。略称表記は『S.I.B.マックス』(字幕などでMAXのみ片仮名)。操縦者は小学生ではなく正規の大人の隊員黒江田隼が操縦する。
 元々はソニックインターセプターのプロトタイプ(0号機)を人命救助拠りから機動隊使用として白兵戦に特化、チューンアップしたもの。

 シルエット自体はソニックを雰愁しているが、マスクの形状や装備、エンブレムは異なる(DHのイニシャルではなく、機動強襲警察の意匠である泳ぐ鮫の紋章)。色も黒に金色が使われており、何らかの改造を施したという共通点で何処ぞの黒帽子と似ている。機動救急警察ハイパーレスキュー始動以前から隠密活動しており、世間一般からは組織共々存在は公にされていなかったが、本格的に始動して以降は市民からその容姿を含め珍しがられAKTVのドライブヘッドラインでも漸く認知されている。

 だが、機動救急警察のドライブヘッドと異なりドライブギアからのAIサポートは存在せず、通常のマニュアル操作だけでサイクロンの銃を片手で楽に振りほどく実力を持ち合わせている(それだけ隼の操縦技術が高い証拠である)。

 同様に支援機であるサポートビークル『ソニックジェットイーグル』、『ソニックドーベルマンジョン』とシンクロ合体して『ソニックインターセプターメガマックス』(S.I.B.メガマックス)になる事が可能。

 攻撃力に特化されている分だけ防御能力も優れているが、装甲厚によって動きが鈍いのが弱点になっている。

余談
 『NEXT~』ではソニックの上位機体『ソニックインターセプターマックス』として登場するが、此方は派生改修機である。違いは頭部の形状と、一部の色が白か金色に置き換わっているのみ。
しかしこちらは、ジェットイーグルとド-ベルマンジョンとのセットで売られている(バラ売りのドライブヘッド版に対して、当然価格は倍に跳ね上がっている代わりにこのセットだけで遊べてしまう)。装備されているリボルバー式拳銃は備えていないので、ソニックから流用する事を薦める。
 付属しているドライブバッチは玩具版ドライブギアでの音声はパイロットの音声が入っておらず、ギアの音声の後に宗像亜里沙のアナウンスが鳴る。
 メガマックスとトランスポーターガイアとのオリジナルシンクロ合体も工夫次第で可能である。

装備

パトランプブーメラン
 背部に装備されているパトランプ。威力も役割もインターセプターと同一。

リボルバー式拳銃
 インターセプターと同一の標準装備。ハイパーレスキューとは仕事の性質上異なる為に強制捜査の荒事にも使用される。偽ソニックとの戦闘ではサイクロンに投げ渡しAM516マグナムとの二挺拳銃で用いた。

特殊警棒
 盾の内側に2本装備されている機動隊使用の電磁警棒。1000000ボルトの電圧を瞬間的に発する。

超超硬度シールド
 機動隊使用の長方形型の盾。特殊金属を加工し、工事用ウォーカービークルが集団で攻撃しても並大抵のパワーだけでは皹ひとつ付かず破損しないが、狩刈製作の戦闘用WVのレーザーサーベルには両断される。通常は背部に備える。


関連タグ

トミカハイパーレスキュードライブヘッド~機動救急警察~

機動強襲警察ハイパーアタック

ソニックジェットイーグル
ソニックドーベルマンジョン

ソニックインターセプターメガマックス

コメント