ピクシブ百科事典

デンジャラスシード

でんじゃらすしーど

「デンジャラスシード」はナムコが1989年に販売したシューティングゲーム。
目次[非表示]

概要

「デンジャラスシード」はナムコ1989年に販売した業務用縦スクロールシューティングゲーム

8方向レバーにショットボタン(押しっぱなしで連射)とボムボタンを用いる。ただしボムは、敵は倒すが敵弾は消してくれない。
自機の構成は日本物産ムーンクレスタに近しい。自機の「ムーンダイバー」は3機合体が可能な機体でα号・β号・γ号で構成されている。最初の4ステージは単機で戦い、α号が失われればβ号、β号が失われればγ号で戦う。ステージ5以降の4ステージは遺された機体が合体した状態で戦う(ただ、1機でも失われると事実上クリア不可能である)。

ライフ制で、単機の時は3メモリ。合体時は12メモリ。敵弾に当たると1減り、直接攻撃や体当たりは2減る。但し、ラスボスのレーザー攻撃だけはたった一発で全メモリを奪われる(即ゲームオーバー)。エクステンドは存在しないため、一度失われた機体は、全機失ってからコンティニューしない限り復活しない。
更に、自機の当たり判定が大きく、敵が非常に硬い。更に敵弾が当たっても無敵時間が存在せず、ボムを使わない方がライフ回復が出やすいなど、以上のみみっちい仕様(敵の構成や動きなどのゲームバランスによるものでは無くこのクソ仕様)の為に非常に難易度が高い。
ただ、ゲームセンターへの出回りだけは一丁前に良かった(評判が良かったとは言ってない)。

同年、メガドライブへ移植されている。流石に難易度は大幅に下げられている。

プレイ動画



関連タグ

ナムコ シューティングゲーム レトロゲー

pixivに投稿された作品 pixivで「デンジャラスシード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67

コメント