ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ドラミちゃんのエピソードをドラえもんに取り入れた話の1つ。
ドラミちゃんでのサブタイトルは、公園のネッシーのまき公園のネッシー

ストーリー

夏休み、ネッシー実在派ののび太とネッシー空想派のズル木は、討論会を開く。
ドラミと共に纏め上げた資料を持って説明するのび太に最初こそ皆、賛同するが、
ズル木のほうが一枚上手だったために、ズル木に軍配が上がった。

一方、ドラミは万が一に備えて、地底探検車を使い、ネス湖のネッシーを近くの公園の池に連れてくる作業を初め、のび太に逆転を約束。それにより、のび太もズル木に1週間後には確かな証拠を見せると約束した。

約束の日。公園に集まった、のび太とドラミとズル木であったが、日が暮れてもネッシーは姿を現さず、怒ったズル木は帰ってしまう。
夜になっても現れないことから池に潜ったドラミは、ネッシーが確かに来ていることを確認。
それを聞いたのび太は、ズル木の家に向かい、ドアを叩くが、慌てていたことから、ジャイアンの家に来てしまっていた。
改めて、ズル木の家に向かったもののズル木は留守だった上、ズル木以外の何者かにネッシーの姿を見られてしまう。
のび太はズル木に見せるまでネッシーを池で密かに飼育することを提案するが、ドラミからネッシーの生物としての重要性と万が一のことがあった場合は全世界の人にお詫びをしなければいけないと説かれた為、のび太もネッシーを今すぐにネス湖に返すことを受け入れ、2人はネス湖に帰っていくネッシーを見送り、トンネルも閉じるのだった。

翌日、ネッシーを目撃した何者かの正体は、ジャイアンであったことが判明。のび太のせいで目が覚めてしまったジャイアンは、夜の散歩として、公園に足を運んだ際、ネッシーを目撃したことでネッシー実在派に回り、ズル木はジャイアンに殴られたことでネッシーは実在すると発言する羽目になった。

余談

のび太がジャイアンとズル木の家を間違える描写に関しては、オリジナルのほうでは、ジャイアンのポジションのカバ田の家がジャイアンの家と違い、商店ではないためである。

アニメ版は、大山のぶ代版のみ制作され、以下のアレンジが見られる。

・最初にネッシーの資料作りを手伝ったのは、ドラえもんであり、ドラミは遊びに来る形で登場。
・ネッシー討論会において、しずかは原作では、実在派から空想派に回ったが、アニメ版のほうでは、のび太を擁護。それにより、のび太はネッシー実在の新たな証拠を見つける決意を固める。
・スネ夫とジャイアンの2人に証拠を見せることにし、スネ夫が怒って帰った後もジャイアンは残るが、ジャイアンも愛想を尽かして帰ってしまう。
・ジャイアンがネッシーを目撃したきっかけは、ドラえもんのムユウボウによる誘導。

関連タグ

ドラえもんのエピソード一覧 ドラミ ズル木 ネッシー

関連記事

親記事

ドラえもんのエピソード一覧 どらえもんのえぴそーどいちらん

兄弟記事

コメント