ピクシブ百科事典

パワードドラコ

だれだおまえ

ウルトラマンパワードに登場する怪獣。
目次[非表示]

データ

別名:彗星怪獣
身長:60メートル
体重:3万トン
出身地:バルタン星?

第12話「パワード暗殺計画」

概要

バルタン星人によってに載せられ、地球に送り込まれた怪獣

初代ドラコとは異なり、ワインレッドに近い体色をしており、の部分は昆虫のような印象を受ける。は赤く爛々と輝き、巨大なの様なはいかにも東洋風と言った感じの雰囲気狂気を滲み出させている。また、初代と同様に巨大なを持っているが、を飛べるのかは不明。光線技を弾く生体反射外骨格で構成され非常に堅固であり、ストライクビートルのミサイルはおろか、数多の怪獣を消滅させてきたパワードのメガ・スペシウム光線すら全く通用しない。

武器状の両腕から無数に取り出されるで、レッドキングの喉笛を一撃で切り裂き、ウルトラマンパワードの体表すら切断する程の威力を誇る。さらに、この鎌は投擲武器としても使用できる。

本来の目的は、後のパワードゼットンへのパワードのデータ収集であり、雄叫びと共に受けた攻撃のデータをパワードゼットンの元へ発信する能力が備わっている。しかし、データ収集用の怪獣ながら攻守ともに隙がまったく無く、パワードを圧倒する戦闘力を誇る。恐らくバルタン星人は、パワードドラコで勝てればそれで良し、負けてもパワードゼットンで勝つという二段構えの戦法だったと思われる。

活躍

地球に送り込まれた直後に落下地点の近くに居たパワードレッドキングと交戦し、一瞬で喉笛を切断して瞬殺してしまう(原作への意趣返しである)。WINNERのストライクビートルのミサイル攻撃にも全くダメージを受けず、参戦してきたパワードの攻撃も全く受け付けずに圧倒。メガ・スペシウム光線も防ぎ一度はパワードを撤退させる(この際パワードの光線のデータをゼットンに送信した)。

その後WINNERの作戦で「全く同一の箇所に寸分違わずミサイルを当て続けて生体反射外骨格を脆くしてスティンガーミサイルで止めを刺す」という作戦が取られ、あと一歩の所まで行くが鎌でストライクビートルを撃墜し、スティンガーミサイルを防いでしまった。パワードと再度戦い再び圧倒、パワードの胸部を鎌で切り裂いて追い詰めるが、ミサイル攻撃で弱った箇所に長時間メガ・スペシウム光線を当てられ遂に倒された。

関連項目

ウルトラ怪獣 パワードバルタン星人 サイコバルタン星人 殺し屋
アロン:同じく尖兵・捨て石怪獣の走り。

pixivに投稿された作品 pixivで「パワードドラコ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11531

コメント