ピクシブ百科事典

ビリー・シーン

びりーしーん

ビリー・シーンとはアメリカのベースプレイヤーである。
目次[非表示]

概要

ビリー・シーン(Billy Sheehan 1953年3月19日生)とはニューヨーク州バッファロー出身のベースプレイヤーである。ペンタトニック・スケールに根差したスタンダードなロックスタイルを基本としながらも、タッピングハーモニクスレイキング電動ドリルといった超絶技巧をベースソロ以外でも展開する。
基本的にスラップは使わないが、本人が「これが僕のスラップだ!」といって披露したプレイは控えめに言って高速タッピング・ハーモニクスであった。確かに叩いてるけどさ。

人物

その為人(ひととなり)はよくジェントルと評されているが、何故か真っ先にバンドから抜けることが多いような気がする。親日家でもある。

経歴

いくつかのローカルバンドを経てタラスでレコードデビュー。
タラス在籍中にUFOのツアーに参加。
ヴァン・ヘイレンの前座を務めた縁からデイヴィッド・リー・ロスのソロプロジェクトに参加。タラスは解散。
最高のユニットと絶賛されるも不仲を理由にデイブのバンドを脱退後、MR.BIGで成功を収める、が、不仲を理由に脱退(解雇?)。
その後もナイアシンザ・ワイナリー・ドッグ、再結成MR.BIG、再結成タラス等で活躍する。

これら以外にも多数のミュージシャンのアルバム、ツアーにゲスト参加している。

その他

名前のカタカナ表記については、日本で取り上げられ始めた当時「シーハン」であったが「シーン」が正しいとされた。が、本人は「アイルランド系の名前で発音は『シーアン』だ。そうじゃなければマクマンはマクマホンになってしまうじゃないか」とインタビューで答えている。ビンス・マクマホンはマクマンだったのか……。

スティーヴ・ヴァイに「ビルの色彩センスだけは理解できない」と言わしめたファッションセンスの持ち主である。まぁ普通はBBをピンクに塗らんわな。

右手の指3本を使うフィンガーピッキングが基本で、手首を楽器に対して低く構え、第二関節を曲げてピックアップを撫でるように弾く独特のスタイルをとる。

タッピング時には右手の人差し指に中指を重ねて強く押弦できるよう工夫している。

ライブ出演時には両手首にリストバンドをテンコ盛りにしているが、本人曰く「汗で滑らないように」だそうな。

使用するベースはプレシジョンタイプのスプリットピックアップとネック近くにマウントされたウーファーの二系統の独自出力を持つ。つまりケーブルが2本差さっている。
またアタック感の強いメイプル指板の幅広ネックであること。
4弦ペグには演奏中に1音音程を下げられる「Dチューナー(エクステンダー・キー)」がついていること。
指板上の弦高がバズる程低いのは勿論のこと、ボディトップから弦までの間隔がかなり狭い。つまりブリッジが低い。
スプリットピックアップの上面に樹脂が盛ってあり、角が丸くなるように削ってある。
フェンダープレシジョンベースヤマハ・BB-3000カスタム、RBX、アティテュードと、この仕様は一貫している。

音作りはウーファーから出力されるローと、スプリットのクリーントーンとディストーションの3系統に分かれ、一般的な音作りと比較すると中音域が出るミッドブーストになっている。また歪みとコンプレッションでキーボードのように聞こえるため、初めて聞く人にはどれがベースか判らない、とよく言われる。

関連動画

ビリーの1983年タラス時代のベースソロ。


ビリーのソロ「NV43345」の再現検証動画。


別名・表記ゆれ

ビリー・シーハン

この記事のカテゴリ

キャラクター・人名

関連記事

親記事

ベーシスト べーしすと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ビリー・シーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 128

コメント