2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:青木瑠璃子(ゴージャス以降)

概要

メイドインワリオ』シリーズに登場するキャラクター。ナインボルトの母親。
初登場は『まわる』だが、間接的には『初代』の公式ホームページから登場している。
これまでは足元やシルエットしか確認できなかったが、『ゲーム&ワリオ』でようやく姿を見せるようになった。
ちなみに英語版では5-voltと名前が変化しているので海外のイラストを探す時は気をつけよう。

普段は優しくて美人なママだが、息子が夜更かししてゲームをしていると鬼のような形相で叱る。
…と記事には書かれていたが、実際には、

「スリル まんてん!
でも ホントのお母さんは
ここまで コワくないよ!
きれいで ぼくちんジマンの
お母さんなんだ!」(「ゲーム&ワリオ」「ゲーマー」初クリア後のナインボルトのセリフ)

と書かれている。後に紹介する「ゲーマー」はナインボルトの妄想をゲーム化したものであり、鬼のような形相で叱るのは「ゲーマー」内だけである(とはいえ『おすそわける』ではファイブワットの気配を察知したナインボルトがその経路を避けようとしているため、怒ると怖いというのは事実であると思われる)。

しかし本人もゲーム好きで、息子のハイスコアを超えるほどの腕前である。
趣味はガーデニングで、得意料理は野菜のキッシュ
誕生日は3月13日。メイドインワリオのキャラクターの中で唯一誕生日が判明している。年齢はヒミツ。
昔はハジけたヘアスタイルをしていたらしい(『ゲーム&ワリオ』のキャラカードより)。
ナインボルトとしゃぎぃの事は呼び捨てだがワリオアシュリーのことはちゃん付けで呼んでいる。

『まわる』では夜まで遊んでいた息子ナインボルトとエイティーンボルトに叱りつけるシーンで足元だけ登場。その後、ベットで隠れながらゲームをプレイするナインボルトを発見するが、この頃は「み〜た〜ぞ〜。いいかげんにしなさい!」と叱るだけであった。ファイブワットという名前が登場したのもこの作品から(EDクレジットより)。

さわる』ではチョイ役で登場。ナインボルトステージのゲームオーバー画面でシルエットのみ登場した。

ゲーマー。
ファイブワット(夜の姿)


『ゲーム&ワリオ』では姿をはっきり見せるようになり、以降はシルエットでの登場はなくなった。ナインボルトが登場するミニゲーム「ゲーマー」に登場。
宿題をやっていないにも拘らずゲームを楽しむナインボルトからゲームを没収した。その後何とか宿題を済ませ、ゲームを返されるナインボルトであったがそこには自身のハイスコアを超えた母のデータが存在し、エイティーンボルトと共に落胆したのであった。その日の夜にナインボルトが夜更かししてゲームをしているところを監視にやって来る。見つかったらゲームオーバーである。
時には窓を叩き割ったり、果ては貞子の如くテレビ画面の中から飛び出してきたりと、人智を超えた動きで神出鬼没に息子を捕捉してくる。
ただしたまに(飼っている)や似た様なカツラを被った老人(明言はされて無いが恐らくはナインボルトの祖父)が出て来るフェイントもかけてくる。

ゴージャス』ではナインボルトから独立したキャラとして登場し、これによりシリーズを通して、初めてのミニゲーム担当となる(ちなみにオープニングでワリオにゲーム作りを頼まれていたが、ニンドリのインタビューにて本人はワリオカンパニーの存在を知らなかったもよう)。
テレビショッピングで本体がクリスタルで出来た最新のフライパンに興味を持つが、それは常人には持てないほど重いため、「マッスル体操」と言うエクササイズをしなければならなかった(当の本人は「何で売ろうと思ったのかしら」と突っ込んでいた)。最初は乗り気が無かったものの、体操は美容効果が抜群である事を知り、エクササイズを始める。
その後息子がゲームを食器棚の下に落としたため、食器棚を片手で持ち上げてゲーム機を拾って上げたり、他のメンバーと一緒に屋外バーベキューやトランプゲームに興じるなど、普段の優しいママの姿を見ることができる。
一方で、前作の「ゲーマー」は「こっそりゲーマー」と名称を変えて再収録されたが、その恐ろしいママの姿は健在な上に、前作より行動パターンが増えてパワーアップを遂げている。…その怖さはぜひゲームで確認してほしい。本作からキャラクターデザインが変更された。

おすそわける』ではプレイヤーキャラとして引き続き登場し、幽体離脱で空中を自在に飛び回り、衝撃波を放ちながら幽体のあった場所へワープするという作中屈指の離れ業を披露する(しかも、ナインボルト曰く幽体離脱が得意とのことなのでゲームに入ったことで得たのではなく素で使える可能性がある)。
見た目のインパクトに違わず、脱出系のプチゲームでは全ての経路を無視できるなど多くのプチゲームのコンセプトを破壊している。その一方で、衝撃波の範囲が結構広く意図せぬアクションが暴発しやすいのが難点。

クロスオーバー

スマブラシリーズ

ダイヤモンドシティきっての任天堂フリークであり、誰よりも出たがっているであろう息子を差し置いて、まさかのスマブラWiiU参戦

上述のゲームをモチーフとしたステージ「ゲーマー」にてギミックとしての登場。
原作同様息子の部屋を見回り、ファイターの大乱闘が視線に入ると怒号一発でふっ飛ばしてしまう。

次回作の大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALにもギミック兼スピリッツで登場している。キャラデザインが『ゴージャス』以降のものに変更された。

関連イラスト

ナインボルト一家とエイティーンボルト
ファイブワットさん



関連タグ

メイドインワリオ ナインボルト
主婦 ゲーマー 残念な美人

関連記事

親記事

ナインボルト ないんぼると

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 781339

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました