ピクシブ百科事典

目次[非表示]

経緯

生粋のゼントラーディ兵器は戦闘ポッドやパワードスーツくらいであり、可変戦闘機の概念を持たなかった。地球人類との接触で兵器の開発や改良を学んだゼントラーディ内の反統合勢力は独自の可変戦闘デバイスを開発している。
このような機体は統合軍に敵性可変戦闘機=Enemy Valkyrie、略してEVA(イーヴァ)と呼ばれている。(ちなみに、「フェイオス・バルキリー」という名前はVF-X2において読者公募で採用された。)

開発されたばかりのフォールド・ブースターを搭載したVFX-11を奪取した反統合ゼントラーディ勢力によって開発された機体だが、単純にVFX-11を改造した機体ではなく、VFシリーズの技術が反体制ゼントラーディの手に渡り、それを応用して作られた兵器の一種で、外観も性能もVF-11とは別物である。

機体詳細

ガウォーク形態は存在しないが、ファイター形態は平らでステルス性も高く、最高速度はマッハ6.8と、当時の新統合軍の最新鋭機であるVF-19VF-22以上である。
バトロイド形態はゼントラーディ系のバトルスーツのヌージャデル・ガークァドラン・ローの流れを汲む独自のフォルムになっている。カメラアイはモノアイタイプで、マニピュレーターは3本指となっている。クァドラン・ローに搭載されたシステムの改良型が搭載されていると推測されている。

登場作品

  • マクロスVF-X:2047年、ミルキードールズ誘拐事件を起こす惑星エリュシオンの反乱ゼントラーディ勢力に所属する「敵ライバル」が使用する。ディープグリーンにイエローのカラーリングが入っている。イメージイラストではパープルになっている。
  • マクロスVF-X2:2050年、VF-Xレイヴンズと戦う反統合ゼントラーディ組織「ブラック・レインボー」のリーダーであるティモシー・ダルダントンの機体として登場。


関連タグ

バルキリー

関連記事

親記事

バルキリー ばるきりー

兄弟記事

  • YF-29 わいえふにじゅうきゅう
  • YF-19 わいえふじゅうく
  • VF-25 ぶいえふにじゅうご
  • もっと見る

コメント