ピクシブ百科事典

マクロスVF-X2

まくろすぶいえふえっくすつー

『マクロスVF-X2』とは、1999年9月2日にバンダイビジュアルより発売された『マクロス』シリーズの3Dシューティングゲームである。
目次[非表示]

概要

1997年2月28日にバンダイビジュアルより発売されたプレイステーション3DシューティングゲームマクロスデジタルミッションVF-X』の続編となる作品。
ゲームの製作は有限会社UNiTが行い、ムービーはGONZOが製作。
キャラクター・メカデザイン担当やディレクターには河森正治板野一郎美樹本晴彦等の『マクロス』シリーズではお馴染みの顔ぶれも揃っている。

作中における時代設定はAD2050年。
シリーズの歴史の時系列においては、『マクロス7』と『マクロスフロンティア』の中間に当たる。

アニメを原作とするゲームではあるが、時系列上がどの作品とも違う独自の『マクロス』シリーズのひとつであり、シリーズ他作品のキャラクターは本編に出てこないものの、ストーリーもキャラクターも設定も既存作に見劣りしないしっかりした作り込みがされている。
また、知名度こそ他のマクロス作品に譲るものの、そうした面からきちんとシリーズ正史の中に組み込まれており、後の『マクロスフロンティア』においても設定を多々拾われている。
同作の劇中に登場したケーニッヒ・モンスターフォールドクォーツも、初出はこのゲームである(後者はまだフォールドクォーツと名付けられる前だったが)。

余談になるが、本作が発売された1999年には東京スナック食品のポップコーンの懸賞品として特別バージョンの『VF-X2』が抽選で1000名に配布されており、このバージョンには市販バージョンにはないミッションの追加されていたり、VF-5000スターミラージュが使用可能となっている。
海外でもこのバージョンを基にしたソフトが発売される予定であったが、諸般の事情によりお蔵入りとなってしまった。

ゲームスシステム

ファイター・ガウォーク・バトロイドに3段変形が可能な可変戦闘機バルキリーを操作し、数々のミッションをクリアしていく点は前作と同様だが、自機と敵機を常に画面上に収めたバリアブルビューを導入(一般的な3Dシューティングで使用されているFOWARD視点にも変更可能)。
敵機やミサイルの位置を示すレーダーは自機の周囲にリング状に表示されている。
使用可能な機種もOVA『マクロス ダイナマイト7』に登場したVA-3やデストロイド・モンスターを変形可能な機体に再設計したケーニッヒ・モンスター等が新たに追加された。
また、プレイヤーの戦績によってインターミッションでオペレーターとのデートが発生したり、ゲーム後半でとった行動によりその後の展開やエンディングが変化するようになっている。

ストーリー

AD2050年、地球人類は広く銀河系内に移民を続け、安定期を迎えようとしていた。
が、それに伴いテロや反乱、シンジケート犯罪もまた、新たに生まれ続けていた。
事態を重く見た統合政府は、各星系基地からエリートパイロットを集めた特務部隊を結成し、その対処に当たらせることとした。

その名を――――『VF-Xレイヴンズ』

登場人物

第727独立戦隊VF-Xレイヴンズ
エイジス・フォッカー(CV:松本保典
ギリアム・アングレート(CV:石塚運昇
スージー・ニュートレット(cv:林原めぐみ
トーマ・シュン※「冬麻瞬」の表記も(CV:石田彰
ウィルバー・ガーランド(CV:石井康嗣
エイミ・クロックス(CV:長沢美樹
ブリジット・スパーク(CV:渕崎ゆり子
クララ・キャレット(CV:飯塚雅弓
ビンディランス
マリアフォキナ・バンローズ(CV:紗ゆり
ブラックレインボー
ティモシー・ダルダントン(CV:龍田直樹
クリティカルパス・コーポレーション
マンフレート・ブランド(CV:森川智之

使用可能な機種

VF-1X Plus バルキリー
VF-1X Plus スーパーバルキリー
VF-11B サンダーボルト
VF-17D ナイトメア
VF-19A エクスカリバー
VF-22シュツルムヴォーゲルⅡ
VA-3M インヴェーダー
VB-6 ケーニッヒモンスター
VF-1 アーマードバルキリー
VF-11B フルアーマードサンダーボルト
VF-5000 スターミラージュ(東京スナック食品限定版のみ使用可能)

関連タグ

マクロス STG プレイステーション
マクロスデジタルミッションVF-X

コメント