ピクシブ百科事典

フライングパンケーキ

そらとぶほっとけーき

ヴォート謹製の空飛ぶ(結局飛ばなかったけど)ドン亀。
目次[非表示]

フライングパンケーキ(「空飛ぶパンケーキ」の意味)とは、米国ヴォート社が開発した空飛ぶ円盤である。
型番はXF5U

艦隊これくしょんと兵器 「金剛姉妹の鎮守府にフラパンが来たよ」
ヴォートXF5U-1



概要


海上戦闘の主力が航空機に移りつつあった時代、「STOL(短距離離着陸)性能を強化すれば偵察機を積むのがやっとな普通の巡洋艦でも戦闘機積めるんじゃね?」と云う無茶な発想によって生み出された試作機
あくまでもSTOL機で、VTOL(垂直離着陸)ではないが、艦船に積むというところがミソ。母艦の移動に伴う「向かい風」を受ければ、事実上VTOLに近い離艦が可能になるという、それなりには理屈に合う目論見もあった。
恐らく日本軍なら「艦上機」ではなく、「艦載機」に分類しただろう。

幅広のは低速でも失速せずに飛ぶことができる→だったら機体の全長一杯まで翼にすればよくね?と考えた結果、主翼が存在しない円盤状の胴体から尾翼とコクピットが飛び出したウミガメの如き奇怪な構造になってしまった。

一見すると主翼が無い円盤だが、見方を変えれば胴体そのものが翼と化した所詮リフティングボディとも云える。こんなものが飛びそうに見えるかどうかで、航空力学を理解しているか否かが判別できるとも。

上述の通り非常に野心的なコンセプトであったが、結局は開発中止となる。要因は様々で、

  • 発注は1944年7月だったが、あまりに尖った構造のため、製作に手間取った(試作機の完成は終戦後の1945年8月)
  • ヴォート社がF4Uの製造で手一杯だった。
  • ジェット機ヘリコプターの実用化に目処が付き、優位が失われた。
  • そもそもプロペラがデカすぎて、翼下にロケット弾などを積めない。
  • アメリカ軍が何食わぬ顔で空母を量産した(普通の艦上機でいいじゃん)
などなど。
結局、検討モデルのV173が飛んだものの、XF5Uは初飛行前に廃棄命令が下されて、ただの一度も空を舞うことなく終わってしまった。従って、その飛行特性やSTOL性能の実力は、確かめられぬままに「幻」となったのである。
皮肉にも、円盤状の頑丈な機体構造や、ヴォート社考案のメタライト(ハニカム構造のバルサ材をアルミニウムサンドイッチした、一種の複合素材)がわざわいして、解体には大変な手間がかかったという。せめてもの抵抗だったのだろうか……

日本イギリスあたりが開発して戦中に実戦配備していたら、普通に艦隊防空戦闘機として意外と役に立ったのかもしれない…

関連イラスト

名前の所為か、料理に見立てた投稿が目立つ模様・・・

男の料理。
フライングパンケーキ



別名・表記ゆれ

XF5U

登場作品

奇想天外兵器 ストライカーズ1945-Ⅱ ストライカーズ1945PLUS  19XX 女皇の帝国 女皇の聖戦 戦艦少女R 艦隊これくしょん 氷山空母を撃沈せよ

この記事のカテゴリ

珍兵器 軍用機 試作機 艦載機 米国面

関連記事

親記事

艦載機 かんさいき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フライングパンケーキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 110749

コメント