ピクシブ百科事典

YF-30

わいえふさんじゅう

YF-30クロノスとは「マクロス30銀河を繋ぐ歌声」に登場する可変戦闘機である。

概要

民間軍事プロバイダーS.M.S.のウロボロス支社が、YF-24エボリューションをベースに独自に開発した試作型可変戦闘機
同支社長でありエンジニアでもあるアイシャ・ブランシェットが設計及び開発を手がけた。

本来はS.M.Sのオーナーであるリチャード・ビルラーがフォールド断層突破のために計画した「可変超時空突入艇」であり、可変戦闘機として開発されたのは、新統合政府への技術開示を避けるという政治的な意味合いが含まれている。
開発が辺境惑星のウロボロスで行われたのも、機密保持や予算の関係とされており、ウロボロスのプロトカルチャー遺跡から産出されるフォールドクォーツを利用した「フォールド・ディメンショナル・レゾナンス・システム(P.D.R)」が搭載されている。
このP.D.Rは、YF-29の「フォールド・ウェーブ・システム」の発展形であり、「可変超時空突入艇」の本質である単独でフォールド断層を超えたフォールド航行を可能としており、ペットネームの「クロノス」も時空を超える事から採られた物である。

同じくYF-24をベースとした姉妹機であるVF-25VF-27と比較してシンプルな双発機であり、YF-24に似たシルエットを持つが、その一方でクリップドデルタ翼を採用した主翼やストレーキ横に追加されたカナードなど、本機特有の特徴も備わっており、更にガウォーク形態で腰をひねる事が出来るなど、可変機構にも大きく手が加えられている。

腕部可変機構が変更された結果生まれたスペースにはマルチパーパス・コンテナユニットが搭載可能となっており、用途に応じてこれを換装し、機体特性を一変させる事が出来る。
このコンテナユニットは不要となればパージし、デッドウェイトを減らす事が出来る他、これまでのスーパーパックと異なり空気抵抗が増える事が無いと言う利点も持っていた。
YF-30では主にマイクロミサイルランチャーが運用されたが、大型ビーム砲や電子戦用パック、ブースター、兵員輸送用コンテナなども用意されている。

本機の制式採用型としてVF-31があり、P.D.Rこそオミットされているが、マルチパーパス・コンテナユニットはその有用性もあっても継承された。

関連項目

マクロス30銀河を繋ぐ歌声
YF-24 VF-25 YF-29 VF-31

pixivに投稿された作品 pixivで「YF-30」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3834

コメント